J・ロウ、M・デイモンとオスカー女優3人共演の大作スリラーがクランクアップ

ジュード・ロウが出演するスティーヴン・ソダーバーグ監督の新作『Contagion』(原題)の撮影が2月中旬、サンフランシスコで行われた。

最新ニュース ゴシップ
防護服に身を包むジュード・ロウ -(C) Splash/AFLO
  • 防護服に身を包むジュード・ロウ -(C) Splash/AFLO
  • マスクも着用する一面も -(C) Splash/AFLO
ジュード・ロウが出演するスティーヴン・ソダーバーグ監督の新作『Contagion』(原題)の撮影が2月中旬、サンフランシスコで行われた。

マット・デイモン、グウィネス・パルトロー、ケイト・ウィンスレット、マリオン・コティヤールという4人のオスカー受賞者(マットは脚本賞、女優3人は主演女優賞。ちなみにジュードも2度オスカー候補になっている)が名を連ねる豪華キャストの本作は、致死性ウィルスの蔓延を描くアクション・スリラーで、昨秋より香港、シカゴ、ジュネーヴなどでロケが敢行されてきた。

香港出張から戻るや、感染したウィルスによって倒れる女性をグウィネス、その夫をマットが演じる。疾病管理予防センター(CDC)で働く女性をケイトが演じ、マリオンは世界保健機構(WHO)に務める医師を演じる。写真で防護服に身を包んでいるジュードは医師役ではなく、陰謀論に取り憑かれたサンフランシスコのブロガー役だという。

マット主演の『ボーン・アルティメイタム』『インフォーマント!』のスコット・Z・バーンズによるオリジナル脚本で、後者の監督を務めたソダーバーグは『オーシャンズ』シリーズでもマットを起用している。マットとジュード、グウィネスは『リプリー』でも共演済み。気心の知れたトップレベルの才能を持つ仲間が集まる作品の完成が待ち遠しい。撮影は2月で終了し、今年10月21日に3D作品として全米公開が予定されている。



写真は『Contagion』の撮影で防護服に身をつつむジュード・ロウ。

© Splash/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top