スピルバーグ「希望は必ず見つかる」とエール! 『戦火の馬』ワールド・プレミア開催

来年のアカデミー賞最有力候補として大きな注目を集めているスティーブン・スピルバーグの監督最新作『戦火の馬』のワールド・プレミアが、12月25日の全米公開を控え、12月4日(現地時間)にニューヨークにて開催され、スピルバーグ監督を始め、主役を射止めた新星ジェレミー・アーヴァインらキャスト・スタッフが一堂に会した。

最新ニュース
『戦火の馬』N.Y.ワールド・プレミア/Photo:梨子田まゆみ
  • 『戦火の馬』N.Y.ワールド・プレミア/Photo:梨子田まゆみ
  • 『戦火の馬』N.Y.ワールド・プレミア/Photo:梨子田まゆみ
  • 『戦火の馬』N.Y.ワールド・プレミア/Photo:梨子田まゆみ
  • 『戦火の馬』 -(C) Dream Works Ⅱ Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
  • 『戦火の馬』 -(C) Dream Works Ⅱ Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
来年のアカデミー賞最有力候補として大きな注目を集めているスティーブン・スピルバーグの監督最新作『戦火の馬』のワールド・プレミアが、12月25日の全米公開を控え、12月4日(現地時間)にニューヨークにて開催され、スピルバーグ監督を始め、主役を射止めた新星ジェレミー・アーヴァインらキャスト・スタッフが一堂に会した。

1982年にイギリスで出版された小説を原作に、本年度のトニー賞で5部門を獲得しロングランを続ける同名舞台を映画化した本作。第一次大戦中のイギリスを舞台に、死と隣り合わせの苛酷な日々の中で生きる少年・アルバートと1頭の美しい馬・ジョーイのかけがえのない絆と、切なくも美しいドラマが描かれる。

記念すべきワールド・プレミアが行われたのは、同舞台を上演中の、2,000人以上を収容するビビアン・ビューモント・シアターがあるリンカーン・センター内のエイブリー・フィッシャー・ホール。全長200メートルに及ぶレッドカーペットには、35台のTVカメラ、100人のスチールマンを含む全世界から集まった300名以上のマスコミ、さらに寒波にも関わらず1,000人以上の観客が詰めかけ、大変な賑わいを見せた。アメリカでも珍しい、長大で全天候型の屋根付きのこのレッドカーペットが突如、カルチャーの街・ニューヨークに出現し、多くの観光客の注目も集めていた。

2度目のアカデミー作品賞と3度目の監督賞の受賞を期待されるスピルバーグ監督。本作で描く“希望”のメッセージと共に、深い悲しみを経験した今の日本に対して「どんな状況に置かれていようと、それを信じて見つけようとする心さえあれば、希望は必ず見つかるもの。行く先に希望が待っていると信じて、頑張って下さい!」とエールを送ってくれた。また、原作者のマイケル・モーパーゴ氏も本作について「厳しい体験を耐えた後に訪れる希望をテーマにしたこの物語は、様々な愛を描いた作品でもある」と語り、「少年と馬がお互いへの愛情を支えに過酷な境遇を生き抜く姿には、きっと共感してもらえると思います」と自信をもって本作を贈り出した。

「すごく緊張してる! 2年間の努力がようやく形になって、ワクワクしている」と興奮を隠し切れないのは、映画初出演にして本作で主役級の大役を射止めたジェレミー・アーヴァイン。「19歳だった僕が、いまでは21歳…すごく実のある2年間だった」と充実した表情を見せた。さらに、その端整なルックスと抜群の演技力で知られ、本作では英国陸軍の大尉を演じたトム・ヒドルストンも「スピルバーグ監督は僕の子供の頃からのアイドル。その監督の映画で、しかも感動的なストーリーと息を呑むような美しい映像で綴るこの素晴らしい映画に出演できて、本当に嬉しく思っている」と喜びを語った。

『戦火の馬』は2012年3月2日(金)より全国にて公開。

(Photo:梨子田まゆみ)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top