浅野忠信、憧れのユニバーサルスタジオでの撮影に「夢のよう」

最新ニュース

『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
  • 『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
  • 『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
  • 『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
  • 『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
  • 『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
  • 『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
  • 『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
  • 『バトルシップ』大ヒット祈願出航式
ハリウッドの新鋭テイラー・キッチュと浅野忠信の共演で話題を呼んでいる『バトルシップ』の記者会見が1月31日(火)に開催され、来日中のテイラーに浅野さん、監督を務めたピーター・バーグが出席した。

世界各国の護衛艦が集結しての合同演習のさなかに、エイリアンの母船が飛来! 次々と攻撃が繰り出される中、米海軍の新人将校・アレックスは、ライバルである日本の自衛隊の指揮官・ナガタらと力を合わせ、未知なる敵に立ち向かっていく。現在、映画完成に向けて編集作業が続けられており、監督によると「70%くらいが完成している」とのこと。全世界のどこよりも早い日本での公開に期待が高まる。

テイラーは本作の出演について、自身の出世作でありピーター・バーグの演出によるドラマ「Friday Night Lights」の存在を挙げ「ここから付き合いが始まったし、僕にとっては役者としての機会をもらった作品。また彼と一緒にやれるならとすぐにオファーに飛びついたよ」とふり返る。

一方の浅野さんにとっては『マイティ・ソー』に続く2作目のハリウッド出演作となるが「子供の頃からユニバーサルの映画をたくさん観てきた。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は死ぬほど観ました」とあって、ユニバーサル映画100周年記念作品となる本作への出演は「まさか自分が…と夢のよう」。「これからのためにすごく大きな一歩になったと思います」と充実した表情で語った。

海上で行われた撮影に関し、テイラーは海に投げ込まれるシーンに触れ「僕を驚かせるためなのか、急に『いまからやる』ってなって、ワイヤーで吊るされて海に放り出されたんだ。2回やって『もう大丈夫かな?』と思ったら監督は『あと一回だけ』と(苦笑)。まだ僕を海に突き飛ばしたいのかと思ったよ」と明かし、笑いを誘っていた。

一方、浅野さんはテイラーについて「出会ったときから(役柄の)ホッパーとして存在してくれたのが、僕にとってはありがたかった。撮影以外ではアメフトの試合に連れて行ってくれたり、『卓球大会やろうぜ』と誘ってくれたり、『卓球台が盗まれたんだ』と言い出したり面白いことばかりでした」とテイラーへの感謝の思いを語った。

ある女性記者からは、エイリアンや戦艦など、男性向けの要素が色濃い本作の、女性ならではの楽しみ方についての質問が…。監督は「僕はこの映画がどんな映画か聞かれたら『男の子が女の子を手に入れる。ただそれだけだよ』と答えてます。若いテイラー演じる主人公が夢見る女性を手に入れるために障害を乗り越えなきゃいけない。その障害には、エイリアンの襲撃も含まれるんだけど…。でも核にあるのはラブストーリーなんです」と本気か冗談か分からないような口調で答え、会場は笑いに包まれた。テイラーも「愛のために男がどんなことでもする姿は、どんな女性の心も打つだろうと思います。どんなことでもと言うのには、不法侵入やエイリアンの侵入とか色々含まれるんだけど…。そんな男性に共感してもらえると思うよ」と女性を口説き落とすような悩殺スマイルを浮かべてアピール! 再び会場は笑いに包まれた。

『バトルシップ』は4月13日(金)よりTOHO シネマズ日劇ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top