人間とマペットが歌い上げる!アカデミー賞ノミネート『ザ・マペッツ』主題歌映像公開

愛らしい魅力で笑いと感動を届ける“マペット(操り人形)”たちが大活躍するミュージカル・ファンタジー『ザ・マペッツ』。まもなく発表される第84回アカデミー賞で主題歌賞にノミネートされた、人間とマペットが情緒豊かに歌い上げる感動的なオリジナル・ソング映像が到着した。

最新ニュース スクープ
『ザ・マペッツ』 -(C) Disney Enterprises,Inc.All Rights Reserved.
  • 『ザ・マペッツ』 -(C) Disney Enterprises,Inc.All Rights Reserved.
愛らしい魅力で笑いと感動を届ける“マペット(操り人形)”たちが大活躍するミュージカル・ファンタジー『ザ・マペッツ』。まもなく発表される第84回アカデミー賞で主題歌賞にノミネートされた、人間とマペットが情緒豊かに歌い上げる感動的なオリジナル・ソング映像が到着した。

本作で描かれるのは、人間と“マペット”たちがごく普通に共存する、ちょっと不思議な世界。かつて一世を風靡した“ザ・マペッツ”が、カリスマ的な元スター、カエルのカーミットを中心に再び集結し、さらに結婚間近の(人間の)カップル、ゲイリーとメアリーの2人との友情に支えられ、ハリウッドのショービジネス界に戦いを挑んでいく。

ここでご紹介する主題歌「マン・オア・マペット」は、人間のゲイリー(ジェイソン・シーゲル)と、マペットのウォルターが「自分は人間なのか? マペットなのか?」と悩み、生き方を決心するまでの苦悩を歌い上げたバラード。ゲイリーはマペットのウォルターを心配するあまり、恋人のメアリー(エイミー・アダムス)から愛想を尽かされてしまい、彼女を優先すべきなのか、それとも再起に賭けるウォルターたちマペットを優先するのかと、どちらも大事な人を天秤にかけるが、当然ながら答えは出ない。一方、マペットであるウォルターも同様の悩みを抱えていた。

ゲイリーの横には彼を模したマペットが、ウォルターの横には彼が人間になった姿が登場し、苦悩が交錯していくさまは切なくも感動的。さらに、カエルのカーミットの口から飛び出す名言の数々が、歌の感動をより一層引き立てている。ゲイリーとウォルター、悩める2人が下す決意とは果たして? 人間とマペットの共存する世界をこちらの映像で楽しんでみて。

『ザ・マペッツ』は5月19日(土)より全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top