鳥越俊太郎、矢沢心の妊娠報告に「やっぱり女の子がいいよ!」と連呼

最新ニュース

『戦火の馬』トークショー@ジャパン・プレミア
  • 『戦火の馬』トークショー@ジャパン・プレミア
  • 『戦火の馬』トークショー@ジャパン・プレミア
ハリウッドの巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督の最新作『戦火の馬』の公開を直前に控え、2月28日(火)に都内でジャパン・プレミアが開催され、ジャーナリストの鳥越俊太郎と女優の矢沢心が舞台挨拶に登壇した。

第一次世界大戦中のイギリスとフランスを舞台に、悲劇に見舞われながらも希望を信じて生き抜く人間たちの姿を、一頭の美しい馬・ジョーイと少年・アルバートの絆を通して描く感動作。

鳥越さん、そして妊娠発表後初めての公の場となる矢沢さんが登場すると客席からは温かい拍手が沸き起こった。本作を既に鑑賞している鳥越さんは「馬を主人公にした映画は珍しいが、それをちゃんと馬の目線を通した人間ドラマに仕上げたスピルバーグは素晴らしい。また、緑の原野や馬のジョーイが疾走するシーンなどの映像美が圧倒的で素晴らしかった」と深い感銘を受けた様子。さらに「3.11の震災や経済など、いまの日本には閉塞感が漂ってる。矢沢さんにとってはお子さんが希望だよね? この映画にはそういう『希望』がテーマにある。『希望を持って、前を向く』、この大切さが身にしみる映画です」と映画に込められたメッセージを代弁した。

一方、矢沢さんは夫で元キックボクシング選手の魔裟斗さんとの間に授かった新たな命と共に本作を楽しんだといい、「映画の冒頭で子馬が産まれて、母馬に育てられるシーンで感情移入してしまいました。私が感動したシーンでは、お腹の子供がパンチやキックをしてました(笑)。親子で共感していたと思います」と親子の“絆”について語った。そんな矢沢さんのお子さんの存在が気になる鳥越さんは、ジャーナリストの血が騒いだのか「女の子? 男の子?」と矢沢さんに直撃! 矢沢さんが女の子だと明かすと「やっぱり女の子がいいよ! 私がガンの手術後に目が覚めたとき、私の手を握っていてくれたのは長女と次女だったもんね。やっぱり女の子がいいよ!」と一気に父親の顔に戻り、会場を和ませた。

『戦火の馬』は3月2日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top