デミ・ムーア、破局した夫アシュトン・カッチャーと復縁?

昨年11月に破局を発表したデミ・ムーアとアシュトン・カッチャー夫妻だが、仲直りして元のさやに収まる可能性が出てきたようだ。

最新ニュース ゴシップ
『アナザー・ハッピー・デイ』デミ・ムーア -(C) Allpix Press/アフロ
  • 『アナザー・ハッピー・デイ』デミ・ムーア -(C) Allpix Press/アフロ
昨年11月に破局を発表したデミ・ムーアとアシュトン・カッチャー夫妻だが、仲直りして元のさやに収まる可能性が出てきたようだ。

イギリスの「Sunday Mirror」紙によると、2人が共に信奉するカバラのラビで2005年に彼らの結婚式を執り行ったイェフダ・バーグ師の誕生パーティの席で再会、1分間も抱き合っていたという。「彼らはまだ深く愛し合っていますから、関係修復も十分あり得ます。離婚の話も進んでいませんし」と関係者は語る。

デミは少し遅れてパーティに出席し、お祝いを言おうとラビの元へ行くと、そこにアシュトンがいたという。ラビが気を利かせて、2人に話をさせたところ、仲睦まじい様子で語り合い、デミはとても嬉しそうだったという。

パーティの出席者のひとりは、スピーチに立ったアシュトンが「僕は昨年、ひどい過ちを何度も冒してしまいました」と声を震わせ、涙ながらに語ったと明かす。「話すうちに声が震えてきて、拍手喝采の中、涙ぐみながら座りました。デミは表情を変えずにいましたけどね」。

デミは最近、Twitterでもラッパーのウィズ・カリファなどのツイートをお気に入りに登録しているが、そのどれもが「過ちを冒したからといって愛が終わるわけではない」という内容。アシュトンの度重なる浮気が破局の原因と言われていたが、年下の夫の過ちを許す心の準備ができたということなのだろうか?



© Allpix Press/AFLO
《冨永由紀》
冨永由紀

好きな場所は映画館 冨永由紀

東京都生まれ。幼稚園の頃に映画館で「ロバと王女」やバスター・キートンを見て、映画が好きになり、学生時代に映画祭で通訳アルバイトをきっかけに映画雑誌編集部に入り、その後フリーランスでライター業に。雑誌やウェブ媒体で作品紹介、インタビュー、コラムを執筆。/ 執筆協力「日本映画作品大事典」三省堂 など。

特集

【注目の記事】[PR]

特集

page top