「色」と「素材」と「デザイン」の可能性 クラウディオ・コルッチ展が代官山で開催

フランス・日本・上海を拠点に活動するデザイナーのクラウディオ・コルッチが、3月5日~10日の期間、代官山のヒルサイドフォーラムにて、色をテーマにした展覧会「COLOURISTIC!」を開催する。

最新ニュース
CLAUDIO COLUCCI EXHIBITION
  • CLAUDIO COLUCCI EXHIBITION
  • Carafe un Verre (2001 年)
  • Petit Coeur Clear (2009 年)
  • Petit Coeur Clear (2009 年)
  • Suzhou Moment - Screen Chair (2012 年)
フランス・日本・上海を拠点に活動するデザイナーのクラウディオ・コルッチが、3月5日(火)~10日(日)の期間、代官山のヒルサイドフォーラム&ギャラリーにて、展覧会「COLOURISTIC!」を開催する。

クラウディオ・コルッチは、はっとするような色彩感覚とダイナミックな曲線美、大胆な素材遣いによる独創性の高いデザインに定評があるデザイナー。日本に暮らし、デザイン活動を始めて17年、プロダクトやインテリア始め、たくさんの作品を発表している。

今回は彼の国内過去最大規模の展覧会となりパリ、上海に続き、東京(代官山ヒルサイドフォーラム&ギャラリー)にて開かれる。「COLOURISTIC!」というタイトルの通り、「色」がテーマとなっている本展。色彩×光×水 が織り成す幻想的なインスタレーションと、カラフルで斬新な近年のオリジナル家具作品を集めた展示で、「色」と「素材」と「デザイン」の可能性をこれからの日本の衣・食・住環境へ向けて、新たに発信する。

コルッチにとって、「色」はデザイン表現のツールとしてだけでなく、人の「感情、意志」を表する媒体でもあり、「生きること・暮らすこと」とリンクしているものだ。本展を通じ、“豊かに「生きること」は、すなわち人ひとりひとりが「色をもつこと」「あらゆる色とまず向き合うこと」”と考えるコルッチからの力強いメッセージをも読み解けるのではないだろうか。

また、クラウディオ・コルッチ・デザイン TOKYO の設立15周年を記念し出版されたデザイン作品集「Kaleidoscope(万華鏡)」4,800円(税込)も本展にあわせて販売される。マルチカルチャーに生きるコルッチの「これからも世界を様々な視点で捉えながら、ユニークなデザインを生み出したい」という思いが詰まった一冊。あわせてぜひ注目したい。

クラウディオ・コルッチ展「COLOURISTIC!」
会期:2013年3月5日(火)~3月10日(日) 11:00~21:00
会場:ヒルサイトフォーラム&ギャラリー(東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟)
公式サイト:www.colucci-design.com/
《text:Miwa Ogata》

関連ニュース

特集

page top