乙武洋匡執筆の小説を映画化『だいじょうぶ3組』試写会に5組10名様をご招待

プレゼント

『だいじょうぶ3組』 -(C) 「だいじょうぶ3組」製作委員会
  • 『だいじょうぶ3組』 -(C) 「だいじょうぶ3組」製作委員会
〆切り:3月6日(水)

日時:2013年3月13日(水)18:00開場/18:30開映
場所:朝日ホール(東京・有楽町)


松浦西小学校の新学期の始業式――。5年3組の担任としてやってきたのは、手と足のない先生だった。生まれつき手足がない赤尾先生と、その補助教員の白石先生。幼なじみでもある2人は、お互いに悩み、助け合いながら、個性豊かな28人の子どもたちに真正面からぶつかっていく…。

大ベストセラー「五体不満足」の著者・乙武洋匡が、3年間にわたる小学校教師としての実体験をもとに描いた自伝的小説の映画化『だいじょうぶ3組』が3月23日(土)より全国にて公開される。主人公である補助教員・白石優作を演じるのは、『しゃべれども しゃべれども』以来、6年ぶりに映画主演を務める国分太一。そして、白石と幼なじみの新任教師・赤尾慎之介を演じるのは、俳優初挑戦となる乙武洋匡。共演に榮倉奈々、田口トモヲ、余貴美子といった豪華キャスト陣を束ねるのは、『余命1ヶ月の花嫁』の廣木隆一監督だ。撮影本番まで乙武さんと子どもたちの顔合わせは一切無し。手と足のない先生を初めて目の当たりにしたときの、子どもたちの驚きや戸惑いといった自然な表情をカメラに収めるという徹底した演出を施している。こちらの公開に先駆けて『だいじょうぶ3組』試写会に5組10名様をご招待。

送信

(C)「だいじょうぶ3組」製作委員会
《text:cinemacafe.net》

特集

page top