シネマカフェ的海外ドラマvol.273 オスカー候補作を見る前にオススメのドラマ 第4回

最新ニュース

『世界にひとつのプレイブック』 -(C) 2012 SLPTWC Films, LLC.  All Rights Reserved.
  • 『世界にひとつのプレイブック』 -(C) 2012 SLPTWC Films, LLC.  All Rights Reserved.
  • 「ゴシップガール <フォース・シーズン>」TM & (C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「ゴシップガール <フォース・シーズン>」TM & (C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「ゴシップガール <フォース・シーズン>」TM & (C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「NIP/TUCK -ハリウッド整形外科医- <フィフス・シーズン>」TM & (C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「NIP/TUCK -ハリウッド整形外科医- <フィフス・シーズン>」TM & (C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「NIP/TUCK -ハリウッド整形外科医- <フィフス・シーズン>」TM & (C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.
  • 「デスパレートな妻たち シーズン7」 -(C) 2013 ABC Studios.
アカデミー賞作品賞候補の注目作をピックアップしながら、“アカデミー賞作品賞候補作を観る際に知っておくと楽しい海外ドラマ”をご紹介。第4回は、心に大打撃を受けてボロボロになった男女が人生を必死に立て直そうとするヒューマンコメディ『世界にひとつのプレイブック』に注目していきます。

妻の浮気現場を目撃したことで怒りの抑制スイッチが壊れてしまったパットと、夫に先立たれたことでエキセントリックなキャラをひた走るティファニー。そんな2人がジタバタともがいて傷だらけになりながらも立ち直ろうとする『世界にひとつのプレイブック』は、スパイシーなユーモアと感動的なストーリー展開が心地よく、デヴィッド・O・ラッセル監督の最高傑作とも言われています。そのラッセル監督と言えば、昨年シーズン4がDVD発売された人気ドラマにゲスト出演しているのをご存じでしょうか? 「ゴシップガール」に本人役で登場したラッセル監督は、シーズン4の最終話で西海岸にやってきたセリーナと遭遇。監督との出会いがきっかけで、ハリウッドで働く道がセリーナに開けたかも…? という、次シーズンに続く意味深なラストに関わっていました。ちなみに、映画界でのキャリアが注目を集めるラッセル監督ですが、2009年には「Outer Space Astronauts」(原題)というSFコメディの製作総指揮を担当。このシリーズは、アニメの胴体に実写の顔(!)がついた登場人物たちが宇宙船でドタバタ騒動を繰り広げるというもの。短命に終わった作品ですが、なかなかファニーな味わいが印象的でした。

また、『世界にひとつのプレイブック』には、ティム・バートン作品の音楽でも知られるダニー・エルフマンが参加。エルフマンと言えば、「デスパレートな妻たち」のテーマ曲でもおなじみです。ワクワクするような旋律で視聴者の期待を煽りながら、奇妙奇天烈なウィステリア通りへと誘うエルフマン音楽。少々(かなり?)壊れた登場人物たちがもがくのは、『世界にひとつのプレイブック』「デスパレートな妻たち」に共通するところ。そんなキャラクターたちを包み込むのが、エルフマン音楽の優しい役割なのかもしれません。

さらに、『世界にひとつのプレイブック』では、主要出演者にもTVドラマとの密接な繋がりが。キレやすい主人公・パットを危うくもチャーミングに演じ、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたブラッドリー・クーパーの出世作は、いまや映画界のヒットメイカーとなったJ.J.エイブラムス製作総指揮の「エイリアス」。ジェニファー・ガーナー演じるヒロイン、シドニーの親友ウィル・ティッピンに扮し、誠実キャラでスウィートな魅力を控えめにふりまいていました。ブラッドリー自身、「ウィルを演じてからは“ああ、あの誠実そうな奴ね!”と言われることが多かった(その後、『ハングオーバー!』で見事にイメージが覆ったそうですが…)」と発言。それほどまでに、シドニーに恋心を抱きながらも友達に徹し、支え見守るウィルはハマリ役でした。続く主演ドラマ「キッチン・コンフィデンシャル」では、酒と女とドラッグに溺れて道を踏み外すシェフをチャラい雰囲気で好演。セクシー俳優役でゲスト出演した「NIP/TUCK」のシーズン5も、その過激演技が視聴者たちに鮮烈な印象を残すことになりました。映画とTVドラマの垣根が取れて久しい昨今、ドラマ出演に意欲的な映画スターたちの存在は頼もしい限りですが、TVドラマでのキャリアと誠実に向き合った俳優が映画の世界でも活躍し、アカデミー賞ノミネートにまで至るのも嬉しいこと。ぜひ、この機会に彼の出演ドラマをチェックしてみてください。

「ゴシップガール <フォース・シーズン>」DVD コンプリート・ボックス
価格:15,000円(税込)
発売/販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ

「NIP/TUCK -ハリウッド整形外科医- <フィフス・シーズン>」DVD セット1(6枚組)

「NIP/TUCK -ハリウッド整形外科医- <フィフス・シーズン>」DVD セット2(5枚組)
価格:各5,229円(税込)
発売/販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
TM & (C) 2013 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

「デスパレートな妻たち シーズン7」COMPLETE BOX
発売:2月20日(水)
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2013 ABC Studios.
《text:Hikaru Watanabe》

関連ニュース

特集

page top