【妄想ガールフレンド】ローラ:婚期を逃しがち?感情の起伏が激しいヒステリックガール

大晦日のニューヨークを舞台に、絆を取り戻そうとする8組の男女が、愛や勇気と真正面から向き合う感動のドラマ。ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンクといったアカデミー賞受賞スターからザック・エフロン…

最新ニュース コラム
『ニューイヤーズ・イブ』
  • 『ニューイヤーズ・イブ』
  • 『ニューイヤーズ・イブ』
大晦日のニューヨークを舞台に、絆を取り戻そうとする8組の男女が、愛や勇気と真正面から向き合う感動のドラマ。ロバート・デ・ニーロ、ヒラリー・スワンクといったアカデミー賞受賞スターからザック・エフロン、アビゲイル・ブレスリンといった若手まで、超豪華キャストが顔を揃えています。

シェフのローラ(キャサリン・ハイグル)は、仕事が第一優先。業界の大きなパーティーでのケータリング担当を任され、部下に的確な指示を出すシーンが印象的。そんな仕事熱心な彼女も、一年前に突如去っていったアーティストの元カレ・ジェンセン(ジョン・ボン・ジョヴィ)が現れると態度が一変! 会うなりいきなりビンタする始末です…。

実は、彼が自分のもとから離れて行ったことで、かなり落ち込んだローラ。それをバネに、熱心に仕事に取り組み、気持ちを切り替え、軌道に乗って大きな仕事を任されるようになりました。

失恋をプラスに変えるべく頑張る女性は素晴らしいです。僕の周りでも、失恋を機に、吹っ切れることでメキメキと仕事をこなしている女性がいます。しかし、あまりにも仕事にのめり込みすぎると、恋愛を遠ざける体質に変わってしまう人も多いようです。そうやって婚期を逃す女性をたくさん見て来ました…。ローラも彼からの復縁をまともに取り合わず、強い口調で反発してしまいます。

心のモヤモヤの憂さ晴らしに、壁に向かってトマトを投げ続ける独特のストレス発散法はユニークですが、恋人だったら正直引いてしまうかも…。彼女は恋愛面において感情を表に出し過ぎて、冷静にも素直にもなれていません。

しかし、部下の女性と話しているうちに、自分の彼に対する気持ちに気づいていきます。あきらめかけていた彼も、“大晦日マジック”を期待して最後の復縁を迫ります。

男からすれば、とても感情の起伏が激しく、付き合っていると疲れてしまいそう。しかし、それが個性として相手に受け入れられたときは、完全なる本命として、浮気されることもないでしょう。

なのであなたは“ちょこっとだけ”ローラを目指すべきです!

個性を発揮できなければ、ヒロインにも本命にもなれないのです。

『ニューイヤーズ・イブ』
発売中
価格:2,500円(税込)/ブルーレイ
  :1,500円(税込)/DVD
発売・販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
《text:Tokio Shiratake》

特集

関連記事

特集

page top