カーラ・デルヴィーニュ、カンヌ映画祭のレッドカーペットで圧巻のドレス姿を披露

イギリス出身のモデル、最近では女優業として『アンナ・カレーニナ』に出演し、話題を集めているカーラ・デルヴィーニュが…

最新ニュース
カーラ・デルヴィーニュ -(C) Getty Images
  • カーラ・デルヴィーニュ -(C) Getty Images
  • カーラ・デルヴィーニュ
  • カーラ・デルヴィーニュ -(C) Getty Images
イギリス出身のモデルで、最近では女優業として『アンナ・カレーニナ』に出演し、話題を集めているカーラ・デルヴィーニュが15日(現地時間)から始まった第66回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットで一際注目を浴びた。カーラは映画祭のオープニングを飾った『華麗なるギャツビー』のプレミアに出席し、自身が広告塔を務めている「バーバリー(Burberry)」のブラックのロングドレスに身を包み圧巻のスタイルを見せつけた。

カーラは1920年代を舞台にした『華麗なるギャツビー』の時代背景に合わせて、深く胸元がV字型に開いたネックラインが印象的なシルクのレースが施されたドレスで登場している。またドレスに合わせて、カーラはダークカラーのアイシャドウとレッドの口紅でばっちりとメイクを決めてはっきりとした顔立ちを引き立てており、ショパールの宝石でさらなる輝きを加えている。

またカーラのほかにも、ジョージア・メイ・ジャガー、今回のカンヌ映画祭で審査員を務めるニコール・キッドマン、『華麗なるギャツビー』に出演したキャリー・マリガンやアイラ・フィッシャーなど豪華スター達が華やかなドレス姿を披露した。ジョージアは「ロベルト・カヴァリ(Roberto Cavalli)」の裾が長いレッドのドレスでエレガントに魅せ、アイラも「オスカー・デ・ラ・レンタ(Oscar de la Renta)」のひだ飾りが美しいストラップレスドレスで同じくレッドをチョイスしている。また、ニコールは「クリスチャン・ディオール(Christian Dior)」を選び、花柄の刺繍が施された鮮やかなカラーのヴィンテージドレスを着こなした。

(C) Getty Images
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top