西島秀俊、記憶の上書きをされるなら…“タモリ”を希望!

日韓合作映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』の公開を前に1月20日(月)、東京・六本木ヒルズ内にて主演の西島秀俊を始め、真木よう子、伊武雅刀、キム・ソンス監督が…

最新ニュース レポート
西島秀俊&真木よう子&伊武雅刀&キム・ソンス(監督)/『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』記者会見
  • 西島秀俊&真木よう子&伊武雅刀&キム・ソンス(監督)/『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』記者会見
  • 西島秀俊&真木よう子&伊武雅刀&キム・ソンス(監督)/『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』記者会見
  • 西島秀俊/『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』記者会見
  • 真木よう子/『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』記者会見
  • 西島秀俊/『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』記者会見
  • 真木よう子/『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』記者会見
  • 伊武雅刀/『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』記者会見
日韓合作映画『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』の公開を前に1月20日(月)、東京・六本木ヒルズ内にて主演の西島秀俊を始め、真木よう子、伊武雅刀、キム・ソンス監督が出席しての記者会見が行われた。

第15回サントリーミステリー大賞読者賞に輝いた司城志朗の小説を映画化。他人の記憶を“上書き”され、しかも5日後に全ての記憶が消えるという状況に陥った科学者が事件の謎を解き明かすべく奔走する。

西島さんは「絶対に楽しんでもらえる作品になった」と作品の出来栄えに自信をのぞかせる危険なアクションもスタントマン任せではなく、果敢に挑戦したが「スタントチームに『出来るだけ自分でやりたい』とお願いしました。自分でやらないと観ていただく方にドキドキしてもらえないんじゃないかと思った」と説明。「ガラスの屋根から落ちそうになるというシーンがあったんですが、下がたまたま墓地で(笑)、怖かったです」とふり返る。もしもさらなるアクションに挑戦するなら? という問いには「日本では難しいですが、列車の上に乗ってトンネルをよけたりしながら戦うのをやってみたい!」とさらに激しいアクションへの意欲を見せた。

真木さんは「入り組んだストーリーで、脚本を読んでも何が何だか分からなかった」とその難解さについて語るが、出演を決めた理由について「日韓合作ということで日本とは違うチームでやるということに挑戦してみたいと思った」と明かす。西島さんとは決して多くのシーンを共にしたわけではないが「いろんな作品で見ていてファンでしたので光栄でした。一番大変な役で、パッと見るといつもアクションを練習している姿が目に入って『頑張れ!』と思ってました」とふり返る。一方、西島さんは真木さんについて「いち観客として真木さんのエネルギーはすごいと感じてました。感情の強い出方、役にかける力を感じました」と称えた。

もしも、誰かの記憶を上書きされるなら誰の記憶がいいか? という質問に西島さんは「いま、パッと思い浮かんだのがタモリさん」と回答。数時間前に収録で一緒になったそうだが「素敵で、そして底知れない」と魅力を語り、その記憶を追体験することを希望していた。

『ゲノムハザード ある天才科学者の5日間』は1月24日(金)より公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top