ベネディクト・カンバーバッチ、キーラ・ナイトレイの悪口を言った記者にパンチ!

ベネディクト・カンバーバッチがキーラ・ナイトレイの悪口を言った記者に「冗談でパンチ」をお見舞いしたことがあるようだ。ベネディクトはあるイベントへ出席した際、キーラの悪口を…

最新ニュース
ベネディクト・カンバーバッチ-(C) Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ-(C) Getty Images
  • キーラ・ナイトレイ-(C) Getty Images
  • ベネディクト・カンバーバッチ
ベネディクト・カンバーバッチがキーラ・ナイトレイの悪口を言った記者に「冗談でパンチ」をお見舞いしたことがあるようだ。ベネディクトはあるイベントへ出席した際、キーラの悪口を言った記者にすぐさま立ち向かったという。

英国「ELLE」誌の7月号でキーラは「あのイベントの後ベネディクトに会って『あの記者を殴ったの?』って聞いたら『もちろんさ』て言ったの。みんなベネディクトみたいな友人を持つべきだわ」と語った。

ベネディクトと良い友人関係を築いているキーラだが、人前で歌うことが嫌いなためカラオケには一緒に行かないようだ。「カラオケは嫌いだわ。本当にかなり嫌いなの。人前で歌うんだったら倒れこむくらいに酔っ払ってからじゃないと無理ね。人前で歌うってことに恐怖を感じるの」「それに一緒にカラオケにいったグループの中に必ず、人知れず素晴らしい歌声を持った人がいるものなのよ。そんなときには『なんなのよ、もう!』って感じになるわ」。

人前で歌うことが嫌いなことに加えてキーラは、プライベートで外出する際に「嫌なエネルギー」を出してしまうことから自信がなくなるという。「私はオン状態とオフ状態があるの。仕事で人前にいるときは全然大丈夫なんだけど、プライベートのときに人に寄ってこられてもどうしたらいいのか分からないの。そんなときはいいエネルギーを出してないから、ぎこちなくなっちゃうの。自分は夢の中やファンタジーの世界にいるんだって感じちゃうのよ。世間は私に一定のイメージを抱いているけど、生身の私は違うの。それを見て人によってはかなりガッカリすると思うわ」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top