秋元才加「奴隷ほしい」、本郷奏多はゴスロリ女装を絶賛に複雑

映画『奴隷区 僕と23人の奴隷』が公開を迎え、6月28日(土)に都内で行われた舞台挨拶にW主演の秋元才加、本郷奏多を始め、大沢ひかる、山田裕貴、久保田悠来、杏さゆり、折井あゆみ、佐藤佐吉監督…

最新ニュース
本郷奏多&秋元才加/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
  • 本郷奏多&秋元才加/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
  • 秋元才加&本郷奏多&大沢ひかる&山田裕貴&久保田悠来&杏さゆり&折井あゆみ&佐藤佐吉(監督)&岡田伸一(原作者)/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
  • 秋元才加/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
  • 本郷奏多/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
  • 本郷奏多&秋元才加/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
  • 山田裕貴/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
  • 大沢ひかる/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
  • 秋元才加/『奴隷区 僕と23人の奴隷』初日舞台挨拶
映画『奴隷区 僕と23人の奴隷』が公開を迎え、6月28日(土)に都内で行われた舞台挨拶にW主演の秋元才加、本郷奏多を始め、大沢ひかる、山田裕貴、久保田悠来、杏さゆり、折井あゆみ、佐藤佐吉監督、そして原作者の岡田伸一が登壇した。

総ダウンロード数1,660万を超えた人気の携帯小説の実写化。誰でも簡単に奴隷にすることができる機器「SCM」を利用し、勝てば「ご主人様」負ければ「奴隷」という究極のゲームが展開し、参加者たちの欲望や復讐心、異常な嗜好や愛情が露わになっていく。

「AKB48」卒業後、初めての映画にして人気小説の実写化作品の主演を務めた秋元さんは「不安もあった」と漏らす一方で、「自分の内にある欲望について考えるきっかけにもなって、参加してよかったなと思います」と充実した表情を見せる。

劇中、様々なバトルが展開されるが、山田さんは本郷さんと共に、金魚が泳ぐ水槽に顔をつけるシーンを印象的なシーンとして挙げる。「(金魚の)おフンさんがいっぱいでね…」と山田さんが顔をしかめれば、本郷さんも「金魚問題ね…」と表情を曇らせ、いかに過酷な撮影だったかをうかがわせる。

本郷さんは、ゴスロリ衣裳での女装姿も劇中で披露しているが、折井さんから「ピンクのゴスロリ衣裳で、女性でも着こなすのは大変だけど、本郷くんは着こなしてた!」と思わぬ絶賛を受け、嬉しいのか恥ずかしいのか、微妙な表情を浮かべていた。

秋元さんは、大沢さんとの激しい罵り合いのシーンに触れ「罵倒するのは結構『おぉっ!』となりました。普段は(言い争いを)避けるタイプなので(笑)。普段言えない汚い言葉も言えました!」とバトルシーンでストレスを発散したよう…?

この日は、劇中にも出てくる「イッセーノ」ゲームを会場全体で実行。「イッセーノ」という声に合わせて、観客は片手または両手を挙げるか、逆にどちらの手も挙げないことを選択。約400名の腕(=約800本)のうち、何本が挙がるかを登壇陣が予想。

なお、最も近い数字を予想した勝者には「観客に何でも命令する権利」が与えられる。秋元さんは「587本」と予想したが、自身の有無を尋ねると「絶対に勝ちます! だって、奴隷ほしいもん!」と“賞品”を聞いたとたんに気合い十分!

ちなみに結果は「360」で、「350」と予想した原作者の岡田さんが優勝した。本郷さんは岡田さんに観客への命令として「原作をひとり10冊ずつ買うとか(笑)」と悪魔のささやきで誘惑するも、岡田さんはそんな甘い誘惑に乗せられず「みなさんで『奴隷区、サイコー!』と言ってください」と謙虚に語る。劇場に「奴隷区サイコー!」という大きな声が響きわたった。

なお、本郷さんは最後の締めの挨拶で「不可能ではない」とこれからの展開次第で、続編が製作される可能性がゼロではないと言及。会場は期待を込めた拍手に包まれた。

『奴隷区 僕と23人の奴隷』は新宿バルト9ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top