“女装男子”菅田将暉が“オタク女子”能年玲奈にメイク!? 『海月姫』ビジュアル一挙解禁

筋金入りのオタク女子の生態と思いがけない恋を描く、東村アキコ原作の大人気コミックを能年玲奈・主演で映画化した『海月姫』から、このほど劇中の場面写真

映画
『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』 -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』-(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
  • 『海月姫』第2弾ポスター -(C) 2014映画「海月姫」製作委員会 (C) 東村アキコ/講談社
筋金入りのオタク女子の生態と思いがけない恋を描く、東村アキコ原作の大人気コミックを能年玲奈・主演で映画化した『海月姫』から、このほど劇中の場面写真が一挙に解禁。能年さんを含むオタク女子たち=“尼~ず”の素顔(?)や、女装美男子として話題の菅田将暉のイケメン姿なども明らかとなった。

「男を必要としない人生」をモットーとする、筋金入りのオタク女子軍団“尼~ず”と、ゆる~い日常を過ごしながらオタク道を極める月海(能年玲奈)。ある日、彼女の前に現れた、女装美男子・蔵之助(菅田将暉)と童貞エリート・修(長谷川博己)の兄弟。彼らとの出会いによって、その楽しい日々が少しずつ揺るがされていく。

さらに、“尼~ず”の住まいで心のより所でもあるアパート・天水館=“聖地”が奪われる危機もぼっ発。果たして、彼女たちは聖地を守れるのか…!?

「あまちゃん」『ホットロード』に続き、新たな魅力を開花させている能年さんに、若手実力俳優の菅田さん、演技派俳優の長谷川博己を始め、池脇千鶴、太田莉菜、馬場園梓(アジアン)、篠原ともえほか、俳優、モデル、芸人といったジャンルもタイプも超越した豪華キャストが大結集している本作。

今回解禁された数々の場面写真でも、“男子禁制アパート”・天水館に住む“尼~ず”たちの、原作からそのまま飛び出したかようなビジュアルは必見だ。クラゲオタク(能年さん)、鉄道オタク(池脇さん)、三国志オタク(太田さん)、和物オタク(馬場園さん)、枯れ専(篠原さん)の“尼~ず”一同が驚いた表情で全員集合しているカットや、池脇さんと太田さんらしからぬ奇妙すぎる2人の動きをとらえたカット、さらには菅田さんの非・女装姿や能年さんにメイクをしているカットまでも。

その独特の衣装デザインとスタイリストを務めたのは、きゃりーぱみゅぱみゅの衣装を手がける飯嶋久美子。個性豊かな“尼~ず”の面々や伝説的“女装男子”となるであろう菅田さんの衣装などからも、本作のゆるくてポップな世界観が伝わってきそうだ。

『海月姫』は12月27日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top