安達祐実、花魁役&ヌード披露は「大きな挑戦だった」

安達祐実が花魁を演じ、果敢にヌードに挑戦したことでも話題の『花宵道中』が10月27日(火)、開催中の第27回東京国際映画祭にて上映され…

最新ニュース レポート
覚悟を語る、安達祐実/『花宵道中』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 覚悟を語る、安達祐実/『花宵道中』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 安達祐実&淵上泰史&小篠恵奈&友近&津田寛治&豊島圭介(監督)/『花宵道中』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 安達祐実&淵上泰史&小篠恵奈&友近/『花宵道中』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 友近/『花宵道中』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 津田寛治/『花宵道中』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 小篠恵奈/『花宵道中』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
  • 淵上泰史/『花宵道中』舞台挨拶 in 第27回東京国際映画祭
安達祐実が花魁を演じ、果敢にヌードに挑戦したことでも話題の『花宵道中』が10月27日(火)、開催中の第27回東京国際映画祭にて上映され、主演の安達さんを始め、淵上泰史、小篠恵奈、友近、津田寛治、豊島圭介監督が上映前の舞台挨拶に登壇した。

吉原の遊女たちの甘美で美しくも切ない姿を描く本作。連作短編として新潮社より書籍化された原作は、女性層を中心に共感を呼び、約12万部のベストセラーとなり、漫画も累計30万部を超えた。

登壇陣は粋な浴衣姿で登場。安達さんは「この作品は挑戦したことがたくさんありました。演技の方法もそうですし、ヌードになったということも大きな挑戦でした。みなさんにどう観ていただけるか? 緊張と共に楽しみでもあります」と語る。

作品に関しては「純愛を描いている」と安達さん。「恋する気持ち、人を愛する気持ちは時代を超えて共感していただけると思います。人を愛することで切なく苦しい状況にもなるけど、それでも素晴らしいことなんだと感じていただけたら」と呼びかけた。

相手役を務めた淵上さんは撮影をふり返り「12月の京都(太秦撮影所)はすごく寒いんです。絡みのシーンは、絡むたびに『毛布!』とすぐに(安達さんに)毛布を掛けることに気を遣ってました」と語る。

女郎屋の女将を演じた友近さんは開口一番「藤原紀香です」と挨拶。「念願の吉原を舞台にした映画で、花魁道中はしてないんですが、それは単独ライヴでやらせていただくとして、いい役をいただきました」と充実の表情。友近さんのためにわざわざ用意されたセリフもあったそうで、友近さんは「ありがたいセリフで、この先10年は使って、喰いっぱぐれないでやっていける!」と語り、「股開かざる者、食うべからず!」というセリフを壇上で再演! 「吉原=脱がなきゃと思ってたけど女将役で脱ぐことはなかった…」と残念そうに語りつつも、存分に女将役を楽しんだようだった。

第27回東京国際映画祭は開催中。

『花宵道中』は11月8日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top