東方神起ユノも出演!映画 『国際市場』5月公開

観客動員数1,200万人を突破し、現在もなおその記録更新して大ヒット中の韓国映画『国際市場』(原題)が、日韓国交正常化50周年の今年、5月に公開されることが決定。、3月6日(金)~15日(日)まで行われる第10回大阪アジアン映画祭

韓流・華流
『国際市場』(原題) (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場』(原題) (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場』(原題) (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
  • 『国際市場』(原題) (c)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved.
観客動員数1,200万人を突破し、現在もなおその記録を更新して大ヒット中の韓国映画『国際市場』(原題)が、日韓国交正常化50周年の今年、5月に公開されることが決定。、3月6日(金)~15日(日)まで行われる第10回大阪アジアン映画祭のクロージング作品として、日本初上映されることが決定した。

朝鮮戦争時、父、そして末の妹と離れ離れになり、母と2人の兄妹と共に避難民として釜山で育ったドクス。成長したドクス(ファン・ジョンミン)は父親代わりにお金を稼ぐため、西ドイツへの出稼ぎやベトナム戦争への出兵など、幾度となく生死の瀬戸際に立たされる。しかし、彼は家族のため、いつも笑顔で必死に激動の時代を生きていった――。

本作は、1,132万人の観客を動員した『TSUNAMI-ツナミ-』で韓国国民を感動で包み込んだユン・ジェギュン監督が、朝鮮戦争の終焉、国民儀礼、ドイツ派遣、そしてベトナム戦争など、激動の歴史を通して、家族のために生きたひとりの男の生涯を描く大河ドラマ。

過酷な時代を明るく生き抜こうとする主人公ドクス役には、『新しき世界』『ユア・マイ・サンシャイン』の演技派ファン・ジョンミン。その彼を支える妻ヨンジャ役には、海外ドラマ「LOST」などハリウッドでの活躍もめざましい、『ハーモニー 心をつなぐ歌』のキム・ユンジン。さらにオ・ダルス、チョン・ジニョン、チャン・ヨンナム、ラ・ミラン、キム・スルギら名バイプレイヤーが共演し、絶妙のアンサンブルを見せるほか、「東方神起」のユンホも出演を果たしている。

ユン・ジェギュン監督は「貧しくつらかったあの時代。自分ではなく家族のために生涯を生きてきた父を見ながら、いつも申し訳ない気持ちでいっぱいだった。祖父、祖母、そして父、母への世代の全ての人に感謝の気持ちを贈りたい」と、釜山の国際市場を重要な舞台に据え、家族の絆を紡ぎ出していく。

復興、そして成長という激動の時代でも、一生懸命に楽しく生きていく、ひとつの家族。その姿は、韓国でも日本でも変わらないはずだろう。

『国際市場』(原題)は5月、ヒューマントラストシネマ有楽町、シネマート新宿ほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top