菊地凛子、“娘”小松菜奈の夢のスケールの小ささにツッコミ!

WOWOWの連続ドラマW「夢を与える」でW主演を務める小松菜奈と菊地凛子、犬童一心監督が5月14日(木)に行なわれた完成披露試写会に揃って出席した…

最新ニュース
小松菜奈、菊地凛子/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
  • 小松菜奈、菊地凛子/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
  • 小松菜奈/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
  • 小松菜奈/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
  • 菊地凛子/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
  • 犬童一心監督、小松菜奈、菊地凛子/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
  • 小松菜奈/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
  • 菊地凛子/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
  • 小松菜奈/連続ドラマW「夢を与える」完成披露試写会
WOWOWの連続ドラマW「夢を与える」でW主演を務める小松菜奈と菊地凛子、犬童一心監督が5月14日(木)に行なわれた完成披露試写会に揃って出席した。

原作は「蹴りたい背中」で2004年に芥川賞を受賞した綿矢りさの同名小説。華やかに芸能界で成功を収めつつも、周囲の欲望や思惑に巻き込まれて転落していく主人公、彼女に過剰な思い入れを持ち干渉してくる母親の姿を描き出す。

主人公の夕子を演じた小松さんは、芸能界で生きる自らと役を重ね合わせつつ「私もモデルと女優の両方をやらせてもらっていて、(演じながら)小松菜奈なのかな? 小松菜奈として答えているな…という部分があった。役が近くて難しいところはありました」と明かす。

一方の菊地さんは元モデルのステージママを演じたが「32歳から48歳を演じて、こんな大きな娘がいるのも初めてでしたが、幅広い年齢をやらせてもらうのはいい経験で役者冥利につきました」とふり返った。また「息子ではなく娘というところで女性として母親として難しいテーマであり、やりがいのある役でした。“母と娘”という関係性はそれ以上のものになり得る、特質さ、いびつな関係にもなり得る。その深くに流れているのが“母性”だとも感じました」と同性であるがゆえの母と娘の難しさにも言及。この2人がどのような関係性になっていくのか今後の展開が楽しみだ。

菊地さんは、菊池成孔のプロデュースにより主題歌も担当しているが、この曲について犬童監督は「悪夢を見た後に、いきなり本当に本当に夢を見るような曲が掛かるようにしたかったんですが、ほしかったものがいただけました」と絶賛する。

タイトルにちなんでこれからの“夢”を尋ねると小松さんは「最近、思ったんですが、私はまだ19歳で、何でもできるし何にでもなれる。やりたいことをたくさんやっていきたい」とはつらつと語る。具体的なやりたいことについては「世界遺産を巡りたい」と語ったが、これには菊地さんから「『何にでもなれる』って言うから、『オリンピックに出る』とか出てくるかと思った(笑)」と娘の意外なスケールの小ささを心配する声も…。そんな菊地さんは「病気をしない。健康でありたい…」とさらに地味な夢を披露。「小さい頃、『鳥になりたい』と言ったら、両親から『鳥には絶対になれない』と言われました(笑)」とシュールな夢の顛末を語り、会場は笑いに包まれた。

ドラマW「夢を与える」は5月16日(土)より放送開始(全4話/第1話無料)。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top