福士蒼汰、“月9”初主演! 胸キュン必至の王道ラブストーリーに「楽しみ」

デビューから4年という早さですでに数々のドラマや映画でメインキャストとして活躍する福士蒼汰が、7月よりスタートするフジテレビ月9ドラマ…

最新ニュース

“月9”初主演の福士蒼汰
  • “月9”初主演の福士蒼汰
  • 福士蒼汰/『ストロボ・エッジ』大ヒット御礼舞台挨拶
デビューから4年という早さですでに数々のドラマや映画でメインキャストとして活躍する福士蒼汰が、7月よりスタートするフジテレビ月9ドラマ「恋仲」(仮)で主演を務めることが明らかになった。福士さんは、今作でゴールデンの連ドラ初主演にして月9初主演を飾ることになる。

主人公・三浦葵は、高校時代こそ水泳部の主力選手として青春を謳歌したが、その後はなんとなく大人になり、なんとなく就職。建築家になるというかつての目標も曖昧なまま、東京の小さな建築事務所のアシスタントとしてうだつのあがらない日々を過ごしている。

そんな漠然とした夏を送っていたある日、葵は初恋の幼なじみと運命の再会を果たす。彼女の名前は芹沢あかり。学生時代、当たり前のように毎日一緒だった2人。葵が本当にダメな時はいつも背中を押してくれたあかり。だが、そんなかけがえのない彼女は、高校3年の花火大会の夜、突然姿を消してしまっていた…。胸の奥に秘めていた決して忘れることのできない思い、突然の再会が葵の心を突き動かす。だが、彼女の隣にはもうひとり、“アオイ”という同じ名前の男がいて…。

本作は、初恋の相手と運命の再会を果たした青年が、恋敵との複雑な友情をはらませつつ、葛藤に引き裂かれ、さまざまな障害に七転び八起きしながら、“本当の恋”をつかんでいく姿を明るく描いた純愛ラブストーリー。

今回福士さんが演じるのは、気弱で優柔不断男の三浦葵。幼なじみのヒロインを切なく思い続ける男として、もどかしくも押さえきれない恋心を表現するという。

初の月9主演について福士さんは、「最初に聞いたときは、ゴールデンで初主演、さらに月9で初主演ということで、頭の中がよく分からない状態になりました。ドラマといえば月9、月9といえばドラマという印象が昔からあったので、自分がそれに出る、という実感が最初は湧かなかったです。でもいい作品を作りたいと単純に思いました。あまり不安やプレッシャーは感じていなくて、“何してやろう”とか、興味や好奇心、楽しみの方が先に来ています」とコメント。

本作についても「誰もが通る青春の道を描き、それを経て生きている今の葛藤がとても面白いと思いました。とても共感して見られるとも思いますし、気楽にも見られる作品になると思います。劇中に出てくるキャラクター達の少し変わっていたり、共感できるクセなどが面白いと思います」と見どころにも触れ、「社会に出たばかりの若者が、恋愛や仕事を通じてどう変わっていくのか、その成長過程を熱く演じていきたいと思っています」と意気込みを語った。

「きょうは会社休みます。」(日本テレビ)、『好きっていいなよ。』『ストロボ・エッジ』と多くの女性を虜にしてきた福士さん。本作でも胸キュン必至となりそうだ。

「恋仲」(仮)7月より毎週月曜日21時~フジテレビにて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top