瑛太&上野樹里、10年前の青春活劇を述懐 「とにかく楽しい毎日」「本当に感謝です!」

プロデュースと監督を『踊る大捜査線』シリーズの本広克行が務め、大学のSF研究会のメンバーが引き起こすタイムパラドックス騒動を描いた青春冒険活劇『サマータイムマシン・ブルース』が初BD化になることを受け、主演の瑛太、上野樹里のコメントが到着した。

最新ニュース
(C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
  • (C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
  • (C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
  • (C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
  • (C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
  • (C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
  • (C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
  • (C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
  • ブルーレイジャケット (C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
プロデュースと監督を『踊る大捜査線』シリーズの本広克行が務め、大学のSF研究会のメンバーが引き起こすタイムパラドックス騒動を描いた青春冒険活劇『サマータイムマシン・ブルース』が初BD化になることを受け、主演の瑛太、上野樹里のコメントが到着した。

当時初主演だった瑛太さんは、「初の映画主演ということで、気負っていた部分もあったと思いますが、現場に入る前に出演者の皆さんと、疑似タイムマシン体験のため遊園地へ行ったり、合宿をしながら ワークショップを行い士気を高めたり、始まりから終わりまでとにかく楽しい毎日でした」と当時のことを述懐。「また改めてBlu-rayで観ていただいて、ほっこりした気持ちになっていただけたら幸いです」と現在の映画ファンにもメッセージ。

また、上野さんは、「祝☆公開してから10周年!! ブルーレイになるんですね! 長い間、この 『サマータイムマシン・ブルース』のファンでいて下さる方には、本当に感謝、感謝です! まだ観たことの ないそこの貴方! も是非この機会にご覧いただけると大変嬉しく思います。青春SFをどうぞよろしくお願いいたします」と感激のコメントを寄せた。

今日と昨日だけをひたすら往復する“1day”青春冒険活劇で、いまだ絶大なる人気を誇るSF映画の名作中の名作だ。公開10周年記念イヤーを待望のBlu-rayでお祝いしてみて。

『サマータイムマシン・ブルース』は11月18日(水)よりリリース。

<『サマータイムマシン・ブルース』リリース情報>
発売日:11月18日(水)※レンタル同時
価格:ブルーレイ ¥3,800(本体)+税

販売元:ショウゲート
発売元:ポニーキャニオン
(C) 2005 ROBOT/東芝エンタテインメント/博報堂DYメディアパートナーズ/IMAGICA
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top