小雪、“輝く女性”を支援する「ブルガリ アウローラ アワード」セレモニーに登壇!

最新ニュース

奈良橋陽子、小雪/「ブルガリ アウローラ アワード」発表セレモニー
  • 奈良橋陽子、小雪/「ブルガリ アウローラ アワード」発表セレモニー
  • 奈良橋陽子、小雪/「ブルガリ アウローラ アワード」発表セレモニー
  • 奈良橋陽子/「ブルガリ アウローラ アワード」発表セレモニー
  • 小雪/「ブルガリ アウローラ アワード」発表セレモニー
3月8日(火)、ブルガリ銀座タワーで開催されたブルガリジャパンが主催する「BVLGARI AVRORA AWARDS(ブルガリ アウローラ アワード)」の発表セレモニーに、同アワードに賛同する女性を代表して、女優の小雪とハリウッドで活躍するキャスティングディレクターで演出家の奈良橋陽子が、ブルガリジュエリーを纏って登壇した。

「BVLGARI AVRORA AWARDS(ブルガリ アウローラ アワード)」は、創造性と知性と才能に溢れた、今もっとも輝く女性たちとその取組みを賞賛し支援するアワードで、知性の光、創造性の光が到来するシンボルであるローマ神話「アウローラ(曙の女神)」にちなんで名付けられた。

同アワードでは、文化、芸能、芸術、政治、経済、医学、社会貢献、スポーツ等のさまざまな分野から、10名の女性を選出。そして各分野で輝かしい功績を築いた10名の推薦者と共に彼女たちのストーリーを紹介し、賛辞を贈る。

今回、国際女性の日である3月8日(火)にちなんで、同アワードに関する取組みを発表。演出家・映画監督・作詞家・キャスティングディレクターなど多方面で才能を発揮する奈良橋さんは、白いジャケットにパンツスタイルで凛とした存在感を放っていた。一方の小雪さんは、光沢のあるドレープドレス姿で登場し、女性らしいやわらかさを印象づけた。二人はそれぞれ、今回のアワードについてや自身の活動についての想いとメッセージを語った。

<以下、コメント>

■小雪
このアワードは、自分に何ができるかを改めて問ういい機会だと思っています。奈良橋さんとの出会いは、もう10年以上前で、奈良橋さんがキャスティングをしていた『ラストサムライ』という映画がきっかけでした。その後も公私にわたって人生相談などをさせて頂いており、そんな私にパワーを与えてくださる大事な存在です。普段、子育てにおいては、多くの人に助けられているので何か還元したいと考えています。親として、日本人として、女優として、困っている子供たちがいたら積極的にアクションを起こしたいと思っています。奈良橋さんと私は、互いに表現する仕事をしているので、演じることを通して職業体験できるプロジェクトをこれから二人でできないかなと考えています。そして、このアワードを通じて、まだまだ女性の地位が低い部分もあるかと思うので、そこに焦点あてて些細なことでもまずはアクションを起こす大切さを多くの方に知っていただきたいと思っています。

■奈良橋陽子
日本は非常に豊かですが、家族に恵まれないお子さんも多くいます。私が支援をしている「ひこばえ」(※)というプロジェクトを通じて、どんな子供も自由に夢が持てる社会にしたいと思います。また、このブルガリジャパンのアワードを通じて、多くの女性に光が当たるきっかけになると共に、女性自身がもっと自分の光を出していってほしいと願っています。

※「ひこばえ」は、奈良橋曜子が支援する「樹木の切り株から生える若芽の可能性を育てるように子ども達を育てる」という新しい理念・活動で、彼女はこのワークショップやチャリティ活動等を通じて、今後も若者の成長をサポートするプロジェクトのこと。

セレモニーの締めくくりには、イタリアの風習にちなんで二人にミモザの花束が贈呈された。11月29日(火)には、選出された女性たちがレッドカーペットに登場する、一夜限りの「ブルガリ アウローラ アワード」授賞セレモニーが華々しく開かれる予定だ。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top