宮野真守、梶裕貴にサプライズオファー!? 『ペット』吹替声優に参戦

映画

宮野真守&梶裕貴/『ペット』吹き替え版キャスト-(C)Universal Studios. 
  • 宮野真守&梶裕貴/『ペット』吹き替え版キャスト-(C)Universal Studios. 
  • 鷹・タイベリアス(CV宮野真守)-(C)Universal Studios. 
  • モルモット・ノーマン役(CV梶裕貴)-(C)Universal Studios. 
アニメ吹き替え初主演の「バナナマン」の2人や初声優の佐藤栞里に加え、沢城みゆき、銀河万丈、中尾隆聖、山寺宏一ら豪華声優陣が日本語吹き替え版キャストを務める話題作『ペット』。この度、新たに超人気声優の宮野真守と梶裕貴の参加が決定! 宮野さん直々に梶さんに今回の配役をサプライズオファーしに行く様子を収めた特別映像が到着した。

物語の舞台はニューヨーク。テリアのミックス犬・マックスは、大好きな飼い主ケイティと不自由ない生活を送っていたが、ケイティが毛むくじゃらの大型犬・デュークを保護して連れて帰って来た瞬間からマックスの生活は一変!お互いに自分が優位に立とうと奮闘する中で、ある事件をきっかけに2匹は都会という荒野で迷子になってしまう。果たして、ケイティが帰宅するまでに2匹は家に帰ることができるのだろうか――。

全米アニメ作品史上No.1の数字を叩き出すなど、全世界で大ヒットを記録した映画『ミニオンズ』のイルミネーション・スタジオとユニバーサル・スタジオが再びタッグを組み、「飼い主が留守にしているとき、ペットたちは一体どんなことをしているのだろう?」と誰もが一度は考えたことがあるペットたちの裏側を描いた本作。「バナナマン」の設楽統、日村勇紀がアニメ吹き替えの初主演を務め、モデルの佐藤さんは本作が声優初挑戦となる。

今回、『ミニオンズ』では2役に挑戦した宮野さんと、「進撃の巨人」エレン役などで知られる梶さんの参加が新たに決定。宮野さんは、小さな生き物を見ると食欲が抑えられない鷹・タイベリアス役、梶さんは忘れっぽくて愉快で陽気な小さなモルモット・ノーマン役を担当する。そして、イルミネーション初参加である梶さんに、今回の配役を配給会社スタッフに代わって宮野さんが伝えにいくというサプライズ企画を実施。その模様を収めた特別映像が公開された。

スタッフの呼びかけに応じて振り向いた梶さんは、突然登場した宮野さんに驚きまくり! ノーマン役の決定をサプライズで報告した宮野さんは、自ら演じる鷹のタイベリアスが、ノーマンを食べたくて食べたくて仕方がないと思っているキャラクターということもあり、役柄さながらに「ガオー! 食べちゃうぞ」と梶さんに襲い掛かるそぶりを見せたり、互いに昔飼っていたペットの話で盛り上がるなど、仲睦まじい様子を見せた。


今回の役どころについて2人は「僕も梶くんを食べたくて食べたくて仕方がないので、等身大で演じたいと思います(笑)」(宮野さん)、「宮野さん演じるタイベリアスとの関係も含めていまから楽しみです!」(梶さん)と、それぞれ意気込みをコメント。2人の役が「バナナマン」演じるマックスとデュークにどう絡んでいくのか、本編の完成にますます期待が高まる最強の声優陣に注目して。

『ペット』は8月11日(木・祝)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top