【インタビュー】フレッシュに輝く新人声優グループ「ツキクラ」の“いま”と“これから”

太陽に向かって全力で咲き誇り成長するヒマワリのように、夢に向かって真っ直ぐに、そしてフレッシュで眩しい輝きを放ちながら成長している若者たちがいる。

最新ニュース
「ツキクラ」メンバー10名
  • 「ツキクラ」メンバー10名
  • 荒一陽/photo:Michimaro Takeuchi)
  • 市川太一/photo:Michimaro Takeuchi)
  • 井上雄貴/photo:Michimaro Takeuchi
  • 大島尚起/photo:Michimaro Takeuchi
  • 大海将一郎/photo:Michimaro Takeuchi
  • 小松準弥/photo:Michimaro Takeuchi
  • 西野太盛/photo:Michimaro Takeuchi
太陽に向かって全力で咲き誇り成長するヒマワリのように、夢に向かって真っ直ぐに、そしてフレッシュで眩しい輝きを放ちながら成長している若者たちがいる。

次世代を担う男性声優の発掘・育成プロジェクトとして開催されたリアルオーディション「ツキプロ Music Grand Prix 2016」で見事合格した13名の新人声優グループ「ツキクラ」。

彼らは、架空の2.5次元芸能事務所「ツキノ芸能プロダクション(ツキプロ)」のリアルなアーティスト候補生として、7月からアニメ放送が始まった大人気シリーズ「ツキウタ。 THE ANIMATION」に登場するキャラクターのように、歌って踊れる声優アーティストを目指し、目下活動中。7月18日にはグループ初の単独ホールイベントを開催し、大成功を収めたばかりだ。今後は、選抜メンバー8名によるユニットのCDデビューに加え、「ツキクラ」として13人全員でのCDデビューや、冬には再び単独でのイベント「TSUKINO CROWD FESTIVAL 2016 WINTER」の開催が決定。フルスロットルで躍進する彼らから一瞬足りとも目が離せない! よそ見厳禁の最旬グループだ。

そんな彼らが、いま、全力で追いかけるモノは一体何なのか? ヒマワリの如く輝く彼らにとっての“太陽”とは…? ツキクラメンバーの荒一陽、市川太一、井上雄貴、大島尚起、大海将一郎、小松準弥、西野太盛、筆村栄心、古畑恵介、松岡一平にインタビューを実施した。

■花火大会から「アニメ」出演まで…この夏の“挑戦”から見えた等身大のツキクラ
ツキクラとして初めて迎えるこの夏。彼らはどんな風に過ごしているのだろうか? 「この夏、挑戦したいこと」をテーマに語ってもらうと、彼らの会話や表情から、等身大の飾らない、少年のようなツキクラの姿が見えてきた。

――この夏挑戦したいことは何ですか?

井上:メンバーで花火大会に行きたいです!
小松:浴衣も着たいね!
古畑:俺、出身が静岡県熱海なんですけど、熱海って花火大会が年に何回もあって、夏も10回くらいやってるから、ぜひみんな行きたい!
荒:俺、こないだその話を個人的にされた…。
古畑:ごめん、みんなにしてる(笑)。

――やっぱりツキクラのメンバー皆さんでお出かけしたいですか?

市川:そうですね、日程合わせて行きたいですね。
小松:海も行きたいですね!
市川:僕、海に行ったこと無いんです。肌が弱くて潮風にあたるだけでピリっとしちゃって…日焼けしたら火傷しちゃいますし、僕。
西野:俺もそうなるで。赤くなんねん、バーって!
市川:え、海行って大丈夫なの?
西野:逆に行きまくる! 真っ黒になっても真っ白に戻るし。海水って肌にいいらしいけどな。無理やり親に連れて行かれてたよ。
市川:じゃあいまからお風呂に塩いれて、肌を慣らしておこうかな(笑)。
小松:海繋がりで、サーフィンに行きたいなって。ちょっとだけ経験があるんですけど、体力的に「もういいや」って投げ出してしまったので。今度は諦めずにがっつりやりたいなって。
松岡:おれは深海に行きたい…。
大海:俺もどっちかっていったら深海がいい。
古畑:スキューバーダイビングしようよ!
市川:でもスキューバーダイビングって資格いるしね。免許取っても何メートルまでしか潜れないっていうのがあるから。
一同:へ~。(感心)
市川:僕もダイビングに興味があるんです。周りに資格を持ってる人がいるので、僕も今年は挑戦したいなって思ってるんですよ。
荒:ほかには何かな…キャンプも(番組で)したしね。
井上:僕いま「キャンプしたい」って思った!
古畑:もう一回してもいいよね
荒:今度はコテージじゃなくて、本格的にテントを張ってキャンプするとか!
大海:僕は、花火大会とか海とか…全部“こみこみ”でお泊りがしたいですね!
西野:ユニバ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)とか!?
小松:遊園地いいね!
古畑:でもお化け屋敷は無理!!
市川:絶叫系苦手な人とか班に別れてもいいよね。絶叫苦手な人は?
(荒、西野、松岡が挙手)
荒:俺、絶叫系はダメ! 乗れるけど怖い。泣いちゃうかも…。
西野:俺も絶対イカン! あのG(重力)が嫌! “ぐあー”ってなる感じがもう! 俺死にそうになってまう、登ってるとき。
市川:そんなふうに言われると、逆に乗ってる姿見たくなる(笑)。あとはバンジージャンプもやりたい!
小松:だったら思い切ってスカイダイビングだよ!
井上:どっちもリスクが怖いよ…。
小松:怖がってちゃ何もつかめない!
市川:リスクを恐れてたら何もできないんだよ!
井上:だったら温泉に行きたいな!
筆村:お風呂に一緒に入るのは無理だよ(笑)。ひとりがいい…。

――実際に、皆さんでお泊りとかするんですか?

小松:仕事ではありますね。お泊まりすると、夜は結構深い話になることが多いんです。キャンプのときもそうだったし。僕は、ツキクラグリーティングツアーのときに福島県いわき市に行ったんですけど、市川くんと2人でホテルに泊まりました。そのときは、一緒に大浴場行ったり、部屋でちょっとお酒を飲みながら深い話もできた。だからやっぱり、“泊まりがけ”でどこか行きたいっていうのはありますね。
市川:でも、みんなでがっつり飲みに行く、みたいなことはないね。
古畑:レッスン終わりに食事とかにはいくんだけどね!
市川:お酒を交えて話したいね。
小松:みんなで飲みに行きたいね!
一同:ほんとに!

古畑:俺は、この夏は仕事でいっぱいにしたいです! 仕事で遊ぶ暇が無いくらいになりたい。どんどんみんな個別の仕事も決まってきて、ツキクラとしてもどんどん上を目指せる時期だと思うので。ね!
松岡:確かに! ツキクラのメンバーと、ツキクラとは全く別の現場で一緒にお仕事をするっていう経験もしてみたい。メンバーのいつもと違った面が見られると思うので。
筆村:ちょうど「ツキウタ。 THEANIMATION」の放送が始まって、僕たちも出演することになっているので、それもこの夏の新たな一歩だなって思います。

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top