ヒュー・ジャックマン、『ローガン』R指定獲得のために出演料カットを受諾

最新ニュース

ヒュー・ジャックマン-(C)Getty Images
  • ヒュー・ジャックマン-(C)Getty Images
  • ヒュー・ジャックマン(C)Getty Images
  • ヒュー・ジャックマン-(C)Getty Images
  • ヒュー・ジャックマン(C)Getty Images
  • ヒュー・ジャックマン
ヒュー・ジャックマンが新作『ローガン』をR指定作品にするために出演料カットを受諾していたようだ。

『ウルヴァリン』単独映画シリーズ第3弾であり最終作品となる本作にR指定をもうけることを20世紀フォックスに納得してもらうため、ヒューが出演料のカットを受け入れていたとジェームズ・マンゴールド監督が明かしたという。ウェブサイトのアイント・クール・ニュースのエリック・ヴェスペは同ウェブサイトが主催する24時間に渡って新旧の映画を観続けるイベント、バット・ナム・ア・ソーン・フィルム・マラソンの会場から「ヒュー・ジャックマンはR指定作品にしたかったから出演料のカットを受け入れたんだとマンゴールドが言っていたよ」とツイートしている。

R指定映画の場合17歳以下の観客は保護者が同伴する必要があり、チケットの購入が可能な年齢が限られてくるため、興行収入がR指定なしの作品よりも低くなる傾向がある。

しかし『デッドプール』がR指定作品史上最高の興行収入をたたき出し、『X-MEN』シリーズの中で最も興行収入を上げた作品であったことからフォックスも関心を持ったようだ。

来年6月に日本で公開予定の『ローガン』は『X-MEN』シリーズの第10弾となる。

ヒューが演じるウルヴァリンことジェームズ・「ローガン」・ハウレットは『X-MEN』シリーズに今回の新作で8度目の登場となり、すでにヒューはこの作品でウルヴァリン役を引退することを表明している。

理由は明かされていないがミュータントの出生数が下り坂になっている2024年を舞台に繰り広げられるストーリーとなるようだ。政府機関「トランシジェン」が若いミュータントたちを殺人鬼へと育成している時代、ローガンは顔色も悪く、飲んだくれて、自身の持つ能力を失いつつあり、怪我を負うと回復が遅く、時には全く治らないときもある状態だそうだ。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top