高畑充希&江口洋介が一人二役に挑戦! 『ひるね姫』スピンオフが制作決定

「攻殻機動隊S.A.C.」の神山健治監督が初の劇場オリジナルアニメーションとして放つ『ひるね姫~知らないワタシの物語~』

映画 邦画ニュース
『エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~』(C)2017エンシェンと魔法のタブレット製作委員会
  • 『エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~』(C)2017エンシェンと魔法のタブレット製作委員会
  • 『エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~』(C)2017エンシェンと魔法のタブレット製作委員会
  • 『エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~』(C)2017エンシェンと魔法のタブレット製作委員会
  • 『エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~』(C)2017エンシェンと魔法のタブレット製作委員会
  • 『エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~』(C)2017エンシェンと魔法のタブレット製作委員会
  • 『ひるね姫~知らないワタシの物語~』(C)2017 ひるね姫製作委員会
「攻殻機動隊S.A.C.」の神山健治監督が初の劇場オリジナルアニメーションとして放つ『ひるね姫~知らないワタシの物語~』。この度、本作の公開を前に、本作の“もうひとつの物語”として、短編「エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~」が動画配信サービス「Hulu」にて配信されることが決定した。

本作は、“夢”がテーマの物語。主人公・ココネの見る夢と現実がリンクするスリリングな展開と、そこで明かされる知られざる家族の秘話、神山監督らしいギミックたっぷりの演出で、普遍的な家族の絆と夢を通して自分を見つけ出すひとりの少女の物語を描いていく。キャストには、ココネ役の高畑充希、ココネの父親役に江口洋介、そのほか満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹ら豪華キャストが集結しているのも見どころだ。

そして今回配信が決定した「エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~」は、映画本編の主人公である高校生・森川ココネが見る、夢の中に現れるもうひとりの主人公・エンシェンの冒険が描かれる短編作品。今回配信決定にあたり、主人公・エンシェンには、ココネを演じる高畑さんが演じ、またエンシェンと行動を共にする情熱あふれる若者・ピーチ役を、ココネの父親・モモタロー役の江口さんが演じ、それぞれ一人二役に挑戦。

一人二役に挑戦する高畑さんは、「2人の女の子を声だけで演じ分ける、と聞いたときはかなりアタフタしてしまいましたが、神山監督がそんなに無理して変える必要はないです、と言ってくださったので、安心してアフレコすることができました」と話し、「ココネにはココネの、エンシェンにはエンシェンの正義を大切に。楽しく演じさせていただけて、幸せでした」とコメント。また、二役の演じ分けは意識せずに、すんなり演じられたと語る江口さんは「実写の撮影とは違って、画コンテを見ながら声を入れていく作業でしたので、とても新鮮で面白い経験になりました。声だけで表現することがクセになるかも」と声優初挑戦は楽しかったようだ。

さらに、映画では渡辺役を演じる古田新太が異端審問官・ベワン役、志島自動車会長役を演じた高橋英樹はハートランド王役で登場。また、釘宮理恵が映画と同じくココネの相棒・ジョイ役で出演。そして、原作・監督は引き続き神山監督が務める。

幼い頃のココネが父親から聞かされていた不思議なおとぎ話。それは、やがて高校生になったココネの夢にいつも現れる物語だった…。そのおとぎ話に隠された、ある秘密とは? そして、その秘密に託された、父親・モモタローの想いとは? 映画本編を観る前でも後でも楽しめる本作をお楽しみに。

Huluオリジナル「エンシェンと魔法のタブレット~もうひとつのひるね姫~」は3月上旬よりHuluにて配信予定。

『ひるね姫~知らないワタシの物語~』は3月18日(土)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top