トム・ヒドルストン、「ドクター・フー」も『007』も打診なしと明かす

ネクスト・ジェームズ・ボンドの候補の1人とささやかれるトム・ヒドルストンが、製作側から打診されていないことを明かした。

最新ニュース ゴシップ
トム・ヒドルストン-(C)Getty Images
  • トム・ヒドルストン-(C)Getty Images
  • トム・ヒドルストン-(C)Getty Images
  • トム・ヒドルストン-(C)Getty Images
ネクスト・ジェームズ・ボンドの候補の1人とささやかれるトム・ヒドルストンが、製作側から打診されていないことを明かした。

イギリス人男性の憧れナンバーワンと言われるジェームズ・ボンド。6代目のダニエル・クレイグが2015年公開の『007 スペクター』を最後にボンドを引退すると宣言してからいまだに次のボンド役は発表されていない。

また、先日、イギリスの長寿番組「ドクター・フー」の12代目ドクター役を演じるピーター・カパルディが降板することを認めたため、新たなドクター役としてもトムの名前が挙がっているが、トムはこちらも否定。

ラジオ番組「The Radio1 Breakfast Show」に出演したトムは、「みんなが僕が候補者だというような話をしていて光栄だけど…どちらの役も僕が手に入れられることはなさそうだよ」と語っている。「みんな、『オファーが来たらどうする?』って聞いてくるけど、そういう話が来ていないから答えようがないんだ」とのことだ。

今年、ゴールデングローブ賞のテレビ部門で男優賞を獲得し、ボンド役の候補者の中でもまた一歩有力候補に近付いたのではと思われたトムの意外なコメントであった。
《賀来比呂美》
賀来比呂美

休日は猫とお酒と海外ドラマ♪ 賀来比呂美

大学で映画学を専攻、卒論のテーマに『ガタカ』を取り上げる。卒業後は映画やドラマのロケ地で有名なバンクーバーに留学し、街中に溶け込むベニチオ・デル・トロやアイス・キューブを見かけて大興奮。映画三昧の生活を送る。帰国後、数社を経て雑誌編集者として出版社に勤務。シニアの愛猫と過ごす時間を増やすべく、2016年からフリーランスライターに。執筆ジャンルは映画、音楽、ペットなど。人の話を聞くのが大好きで、俳優、ピアニスト、医師など数百名への取材経験あり。

特集

【注目の記事】[PR]

関連記事

特集

page top