【インタビュー】クリス・プラット ユーモアあふれる性格も役柄に「僕が冒険するとしたら…」

お茶目で、前向きで、キュートで、タフで、亡き母を愛する息子で。前作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を観て、そんなスター・ロードことピーター・クイルに恋をした人は多いはずだ…

最新ニュース インタビュー
クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』/photo:You Ishii
  • クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』/photo:You Ishii
  • クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』/photo:You Ishii
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(C)Marvel Studios 2016
  • クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』/photo:You Ishii
  • クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』/photo:You Ishii
  • 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(C)Marvel Studios 2016
  • クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』/photo:You Ishii
  • クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』/photo:You Ishii
その中の1人、カート・ラッセルはピーターの父親役で本作に出演。「共演していなくても彼の名前は挙げたよ。本当だってば(笑)」とのことだが、その父親と同様、物語の重要な鍵を握るのが亡き母親の存在だ。生前の母から贈られたミックステープをピーターは肌身離さず持ち歩き、テープに収録された70年代ソングが作品を彩る。
「ピーターにとって、テープの曲はすごく重要なもの。だからこそ、前作のときは何度も何度も聴いて役作りに取り入れたし、今回もそうした。この作品が素晴らしいのは、宇宙規模の話なのに、地球上のノスタルジーを感じさせることで地に足のついた物語になっているところ。エイリアンや異星に終始するのではなく、音楽という親しみ深いもので感情をくすぐってくるんだ。監督のジェームズ・ガンは単に曲を選ぶのではなく歌詞を大切にしていて、よく聴くと物語の展開に合っていることがわかる。今回の曲も、『うわっ、こう来るか!』というものばかりで感激させられたよ」。

クリス・プラット『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』/photo:You Ishii
ここで知りたいのが、クリス自身がミックステープを作るとしたら…の選曲。すると、テープの持つ意味を最もよく理解する者らしい返答が。
「ミックステープの大事なポイントは、親が子に贈ったものであること。だから、僕の場合は息子に贈りたい。そう考えると、やっぱりカントリーミュージックが中心になるかな…。もしくは、最近またビートルズにハマっているから、ビートルズだらけにしちゃおうかな(笑)。『ジュラシック・ワールド』の続編の撮影でロンドンにいるからか、いまはそんな気分なんだ」。

『ジュラシック・ワールド』の続編は2018年公開予定。そして、2018年の公開作と言えば、こちらも忘れてはならない。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の面々が、『アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー』(原題)に登場する。
「正直に言って、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は1作目も2作目も最高の映画。もちろん贔屓目はあるだろうし、自分の出演作を冷静に観るのはなかなか難しいものだけど、このシリーズは本当に特別なんだ。そんな映画からやって来た僕らの素晴らしさは、アベンジャーズの面々も承知していると思うよ。僕らが彼らの映画を訪れて、ちょっと助けてあげる感じになるんじゃないかな(笑)」。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(C)Marvel Studios 2016
《text:Hikaru Watanabe/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top