ワンダーウーマンもびっくり!? “リアル美女ファイター”にジャッキーもタジタジ!

香港警察の刑事とアメリカ人詐欺師のコンビが、世界中を逃げまくるジャッキー・チェン主演『スキップ・トレース』。現在『ワンダーウーマン』で強くてカッコイイ美女戦士に大きな注目が集まっているが

映画
『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『スキップ・トレース』 (C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYM ENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『スキップ・トレース』 (C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
香港警察の刑事とアメリカ人詐欺師のコンビが、世界中を逃げまくるジャッキー・チェン主演『スキップ・トレース』。現在『ワンダーウーマン』で強くてカッコイイ美女戦士に大きな注目が集まっているが、本作にも、「強くて美しい女性キャラクター」が登場している。

香港警察の刑事とアメリカ人詐欺師の相性最悪なコンビが、なぜか一緒に追われる身となり、世界中を逃げまくるバディ・アクション大作となる本作。まさにジャッキーの本領発揮といったアクションシーンとコミカルなやりとりがファンの支持を集め、なんとジャッキー映画史上最高のオープニング記録を樹立した。

『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
そんな本作で話題を呼んでいるのが、元・人気プロレス団体「WWE」の女性レスラー(ディーヴァ)で、総合格闘家という“リアル・ファイター”として活躍していたイヴ・トーレスの出演。173cmの長身を生かしモデルやダンサーとして活動を始めた後は、「WWE」のディーヴァ選出コンテストに応募し優勝。2013年までプロレスラーとしてリングで活躍した後、TVシリーズ「Clash Time」(原題)や映画『スコーピオン・キング4』に出演を果たしてきた。現在は夫の柔術家ヘナー・グレイシーの経営する道場でトレーナーを務めており、本作撮影終了後には1児の母となった。

ジャッキー演じる刑事ベニーと、ジョニー・ノックスヴィル演じる詐欺師・コナーを究極に追い込んでいくのが、ロシアン・マフィア最強の”女ターミネーター”のダーシャ役として登場しているイヴ。劇中、ベニーが屈強なダーシャを相手に、マトリョーシカを盾にしてパンチを防ぐという一風変わったバトルシーンは、本作の大きな見どころ! 

『スキップ・トレース』(C)2015 TALENT INTERNATIONAL FILM CO., LTD. & DASYMENTERTAINMENT, LLC ALL RIGHTS RESERVED
ダーシャが強烈なパンチでベニーが盾にしていたマトリョーシカを割ると、中からサイズダウンしたマトリョーシカが出てきて、再度ベニーがマトリョーシカで防ごうとするも殴られて割られ、またサイズダウンしたマトリョーシカが出てきて…と繰り返した末、手のひらサイズになったマトリョーシカはダーシャに握りつぶされて粉砕してしまう…といった、ジャッキーの映画らしい最高にユニークなシーンとなっている。

ジャッキーはこのシーンををふり返り、「撮影は本当に大変だった。うまく割れないんだな、これが。ダーシャ役のイヴ・トーレスは数えきれないくらいのマトリョーシカを割ってたよ。たぶん世界で一番マトリョーシカを割った人間じゃないかな(笑)」とコメント。

そんな「強くて美しい女性キャラクター」のファイトシーンとジャッキーとの共演を、ぜひ劇場で堪能してみて。

『スキップ・トレース』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top