『君の名は。』グランプリ獲得!「日本ブルーレイ大賞」『モアナ』『ダンケルク』が準グランプリに

最新ニュース

「デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパン」は、2017年に発売されたブルーレイソフトの中で最も優れた作品を表彰する、第10回「日本ブルーレイ大賞」の全受賞作品を発表した。

全ブルーレイ作品の中から、全世界で社会現象を起こした大ヒット作品『君の名は。』がグランプリを受賞。同作はグランプリのほかカテゴリー部門アニメ賞(邦画)を獲得した。

評価ポイントとしては「日本のアニメの水準の高さを象徴するかのような国際水準のクオリティ。画質はもちろん、内容的にもハイレベルで、総合的に優れたすべての年代から支持された名作。何といっても透明感がある映像が素晴らしい。描きこみがしっかりとされており、画面から漂ってくるようなクリアさ、あえてフィルターを入れたような表現など、作り込みが非常に丁寧なので大きな画面で見ても粗さを感じさせない」と評され、「画質のクオリティのみならず、ブルーレイがこれほど売れたという市場性もほかの作品よりも突出しており、まさにグランプリにふさわしい」と絶賛されている。

準グランプリは、カテゴリー部門映画賞(洋画)を受賞した『ダンケルク』と、クオリティ部門高画質賞(ブルーレイ)とカテゴリー部門アニメ賞(洋画)を受賞した『モアナと伝説の海』

『ダンケルク』(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED./『モアナと伝説の海』(C) 2017 Disney
また、審査員のイチオシ作品の中から選ばれる審査員特別賞には『ラ・ラ・ランド』、ユーザー大賞には『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、清野菜名が選んだアンバサダー特別賞は『キングコング:髑髏島の巨神』がそれぞれ選ばれた。

以下、受賞作品一覧。

■第10回「日本ブルーレイ大賞」
グランプリ 『君の名は。』
準グランプリ 『ダンケルク』『モアナと伝説の海』
審査員特別賞 『ラ・ラ・ランド』
ユーザー大賞 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
アンバサダー特別賞 『キングコング:髑髏島の巨神』

【クオリティ部門】
高画質賞(ブルーレイ) 『モアナと伝説の海』
高画質賞(Ultra HD ブルーレイ) 『マリアンヌ』
高音質賞 『ストラヴィンスキー「春の祭典」/ロイヤルコンセルトヘボウ管弦楽団&ダニエレ・ガッティ(指揮)』

【カテゴリー部門】
映画賞(洋画) 『ダンケルク』
映画賞(邦画) 『シン・ゴジラ』
TV ドラマ賞 「ゲーム・オブ・スローンズ 第七章:氷と炎の歌」
アニメ賞(洋画) 『モアナと伝説の海』
アニメ賞(邦画) 『君の名は。』
音楽賞(洋楽) 『マドンナ/レベル・ハート・ツアー』
音楽賞(邦楽) 『namie amuro LIVE STYLE 2016-2017 /安室奈美恵』
企画映像賞 『すばらしき映画音楽たち』


なお、日本ブルーレイ大賞の審査委員長はAV評論家の麻倉怜士が務め、審査委員として同じくAV評論家の藤原陽祐や本田雅一、また映画・映像ソフト・音楽・アニメなどの専門媒体の編集長、「DEG ジャパン」加盟機器メーカー代表がそれぞれ担当している。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top