女性が活躍する“お仕事ドラマ”が進化!注目の4作品から見える時代の変化とは?

女性の社会進出が唱えられるなか2016年に「女性活躍推進法」が施行され、従来なら男性が演じてきたジャンルで女性を主人公にしたドラマや映画が増えてきた。2018年春クールのドラマではその流れがさらに加速。魅力的に活躍する女性の姿を描く4作品が放送をスタートする。

最新ニュース
「コンフィデンスマンJP」-(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」-(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」-(C)フジテレビ
  • 「コンフィデンスマンJP」-(C)フジテレビ
  • 「正義のセ」書影
  • 吉高由里子/「正義のセ」
  • 吉高由里子/「正義のセ」
  • 吉高由里子/「正義のセ」
  • 「正義のセ」
女性の社会進出が唱えられるなか2016年に「女性活躍推進法」が施行され、従来なら男性が演じてきたジャンルで女性を主人公にしたドラマや映画が増えてきた。2018年春クールのドラマではその流れがさらに加速。魅力的に活躍する女性の姿を描く4作品が放送をスタートする。

2016年秋に放送された「逃げるは恥だが役に立つ」は“契約結婚”という設定を導入、「専業主婦」を“職業”として明確に再定義することで男女の新しい関係性を描き出し一大ブームを巻き起こした。その後も篠原涼子が新人議員を演じた「民衆の敵」、綾瀬はるかが元工作員を演じた「奥様は、取り扱い注意」、この1月クールには石原さとみが「アンナチュラル」で法医解剖医を演じるなど、いずれも従来なら男性が主人公を演じただろうジャンルに女性主人公が進出。この春、その潮流は一挙に加速している。

■長澤まさみが凄腕詐欺師に!月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」



「コンフィデンスマンJP」-(C)フジテレビ「コンフィデンスマンJP」-(C)フジテレビ
本作で長澤まさみが演じるのはコンフィデンスウーマン(信用詐欺師)の“ダー子”。難解な専門知識も短期間でマスターする頭脳を持ちながら、破天荒でいい加減な面もあるというダー子が悪徳企業のドンやマフィアのボスら金の亡者たちからあらゆる手段を使って金を巻き上げていく痛快エンターテインメントコメディーである本作は騙し騙され展開が二転三転する“コンゲーム”モノ。ちょうどハリウッドでも全員女性の『オーシャンズ8』が公開。ワルい男たち(もしかしたら女も?)を手玉に取る強い女性像は世界的潮流なのかもしれない。

「コンフィデンスマンJP」は4月9日(月)21時~フジテレビ系で放送開始。初回30分拡大。

■吉高由里子は検事役!お仕事ドラマ「正義のセ」



吉高由里子/「正義のセ」吉高由里子/「正義のセ」
「花咲舞が黙ってない」「家売るオンナ」「地味にスゴイ!」などで仕事で活躍する女性を描いてきた日テレの“水曜ドラマ枠”がこの春おくる新たな“お仕事ドラマ”が本作。「東京タラレバ娘」以来の同枠主演となる吉高由里子が演じるのは“新米検事”。吉高さん演じる仕事も恋もあきらめない駆け出し検事・竹村凜々子が検事として、女性として成長していく姿を描いていく痛快お仕事ドラマになるという。シリアスで重厚…というイメージが強い検事モノに吉高さんがどんな新風を吹き込むのか、今から楽しみ。

「正義のセ」は4月11日(水)22時~日本テレビにて放送開始。初回10分拡大。

■菜々緒が“悪女”から“悪魔”に進化!? 「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」



土曜ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」土曜ドラマ「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子
“悪女”キャラを演じて女優としてブレイクした菜々緒さんが、今度は悪魔と呼ばれるほど冷酷非情にして凄腕の人事コンサルタント・椿眞子を演じる本作。セクハラ、パワハラ、派閥争い、モンスター社員など、あらゆる企業で起こりうる問題を、菜々緒さん演じる主人公が悪女を超えた“悪魔”のような大胆さで解決していく痛快オフィスエンターテインメント。肉体的にも精神的にも非常に過酷、高い職業倫理感や強い責任感が求められるコンサルタントという職業を菜々緒さんがどう演じていくのか注目だ。

「Missデビル 人情の悪魔・椿眞子」は4月14日(土)22時~日本テレビ系で放送開始。初回15分拡大。

■波瑠は鈴木京香と“女性バディモノ”に「未解決の女」



木曜ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」木曜ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」
「ON 異常犯罪捜査官」でも刑事役を演じた波瑠さんがこの春再び刑事モノにトライ。今度は鈴木さんと“バディ”を組んで様々な未解決事件を解き明かしていく。本作で波瑠さんと鈴木さんが演じるのは未解決事件の文書捜査を担当する「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する矢代朋と鳴海理沙。この2人が個性豊かなおじさま捜査官たちやイヤ~な上司とパワフルに対峙しながら、“文字”を糸口に未解決事件を鮮やかに解決していく爽快ミステリー作品になるという。男性コンビ、または男女のコンビのイメージが強い“バディ”モノだが、波瑠さんと鈴木さんのコンビによる女性バディはどんな活躍をみせるのか?

「未解決の女」は4月19日(木)21時~テレビ朝日にて放送開始。


この4作に共通するのがいずれも“痛快”“爽快”さを売りにしている点。女性の社会進出をシリアスに描くのはなく、またテーマとして全面に押し出すのでもなく、「女性が主人公なのは特別なことではない、そのうえで“どう描くか”」を考えるなかで、痛快さや爽快さというドラマとしてはベーシックなストーリーに落とし込んだ印象を受ける。これは「女性が社会で活躍するのが当たり前」となった現代の時代性がドラマにも反映され、ここ数年の女性が活躍する“お仕事”ドラマが次のステージに進んだした証なのではないだろうか。

この春、さらに“進化”した女性のお仕事ドラマに期待したい。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top