吉高由里子/「正義のセ」