Netflixがカンヌ国際映画祭から撤退、新ルールに「参加する意味がない」

Netflixが今年のカンヌ国際映画祭に作品を出品しないことを決めた。「Variety」誌との対談で、チーフ・コンテント・オフィサーのテッド・サランドス氏が明らかにした

最新ニュース
世界最大のインターネット映像配信ネットワーク「Netflix」
  • 世界最大のインターネット映像配信ネットワーク「Netflix」
  • 第70回カンヌ国際映画祭
  • NETFLIXロゴ-(C)Getty Images
Netflixが今年のカンヌ国際映画祭に参加しないことを決めた。「Variety」誌との対談で、チーフ・コンテント・オフィサーのテッド・サランドス氏が明らかにした。その理由は、映画祭側が今年から「フランスで劇場公開しない作品は、コンペティション部門への参加が認められない」という新しいルールを発表したことによる。ルールに則り、たとえNetflixがオリジナル作品を劇場公開するにせよ、フランスには劇場公開された作品は公開から3年経たなければストリーミング配信できないという独自のルールがあるため、今度はNetflix上でそれらの作品を3年間も配信できなくなってしまう。新しいオリジナル作品を“今”観られるのが売りであるNetflixには大きな制約だ。

サランドス氏は「私たちの作品をほかのフィルムメーカーと同じように公平に扱ってほしい」と主張し、「コンペティション部門に出品できないのなら、(他部門で)カンヌ国際映画祭に参加する意味はない」と“撤退”を表明した。

Netflixのこの決断に、悲しみの声を上げた人がいる。故オーソン・ウェルズの娘ベアトリスだ。映画祭には父の未完の遺作で今後Netflixで配信予定の『The Other Side of the Wind』(原題)が出品される予定であった。オーソンはカンヌでパルム・ドールと男優賞の受賞経験があり、「父はカンヌ国際映画祭と良好な関係を築いていた」、「お願いだから(撤退を)考え直して! 父の作品をNetflixとカンヌの架け橋にしてほしい」とNetflixにEメールを送った。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top