篠原涼子も「震えました」絢香の主題歌が母の想いに重なる…『人魚の眠る家』最新予告

東野圭吾のベストセラー小説を、篠原涼子と西島秀俊が夫婦役を演じて映画化する『人魚の眠る家』。この度、本作の主題歌が絢香書き下ろしの新曲「あいことば」に決定、音源の一部が流れる最新予告映像と本ビジュアルが解禁となった。

映画
東野圭吾のベストセラー小説を、篠原涼子と西島秀俊が夫婦役を演じて映画化する『人魚の眠る家』。この度、本作の主題歌が絢香書き下ろしの新曲「あいことば」に決定、音源の一部が流れる最新予告映像と本ビジュアルが解禁となった。

>>『人魚の眠る家』あらすじ&キャストはこちらから

堤幸彦監督が『天空の蜂』に続いて挑んだ、東野作品の実写映画化となる本作。すでに公開となっている特報映像では、主演・篠原さんのこれまでに見せたことのない狂気の表情と、「娘を殺したのは、私でしょうか。」との衝撃のキャッチコピーが話題を呼んでいる。

そして今回の最新予告映像では、篠原さん演じる薫子と西島さん演じる和昌の夫婦が、意識のない娘・瑞穂が“いつか目覚めるのではないか”という奇跡を信じて下した決断と、その禁断の最先端技術の内容が垣間見えるなど、さらに一歩踏み込んだ内容となっている。夫婦の娘・瑞穂を演じるのは、「この世界の片隅に」の晴美役も記憶に新しい注目子役の稲垣来泉だ。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
母親、父親、祖父、祖母、技術者とその恋人…それぞれが眠り続ける瑞穂の回復を願う中、娘に向かって包丁を振り上げる薫子の姿が! そんな衝撃的な映像に、絢香さん書き下ろしの新曲「あいことば」が重なり、壮大なメロディと本作の内容にリンクした歌詞が優しく包み込んでいく。

先の読めない展開と、想像を絶するクライマックスを経て、薫子たちが得た答えとは? この愛の結末に心奪われる映像となっている。


主題歌に絢香さんを起用した理由について、プロデューサーの新垣弘隆は「大切なわが子を守り抜こうとする母の愛を描いた本作の世界観を、絢香さんなら最も美しく表現できるという確信がありました。そして母親でもある絢香さんに今、どうしても歌って欲しいと思いました」と語る。

さらに、「あいことば」に込めた思いについて語る絢香さんとともに、薫子役の篠原さん、堤監督からもコメントが到着した。

絢香 「キャリアの中で、特別に誇れる1曲」


『人魚の眠る家』主題歌を歌う絢香
不思議なことが。原作と台本を読んでいると、言葉とメロディが私の中で止めどなく溢れてきて、読み終える頃に「あいことば」は形を成していました。映画に携わる方々の熱意を感じながら仕上げていくことで、より研ぎ澄ませながら世界観を創り込めた気がします。
曲をお渡ししてしばらくした後に試写を初めて観て、何度も涙しました。本当に素晴らしい作品の一部となれたこと、この楽曲を生み出すキッカケをくださったことに感謝しています。「あいことば」は私の作曲家としてのキャリアの中で、特別に誇れる1曲となりました。

主演・篠原涼子 「作品に寄り添ってくれる歌」


初めて聴いた時に、ここまで作品に寄り添ってくれる歌があるのか、と震えました。物語の結末を優しく見守り、送り出してくれるような「あいことば」。映画をご覧になる方は本編で泣いて、最後にこの曲でもう1回泣けると思います。

監督:堤幸彦 「これ以上ないエンディング」


見事な曲です! この映画のテーマとメッセージを深くご理解いただき、これ以上ないエンディングとなりました。本当にありがたい! 感動です。


併せて、篠原さん自身が「こんな自分もいたのかと驚きを感じた」というクライマックスシーンの薫子が強い視線を放つ本ビジュアルも解禁。西島さん演じる和昌の溢れ出る想いを抑えきれない、未だ見たことのない表情もあり、両者の<涙>が印象的だ。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
『人魚の眠る家』は11月16日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top