それは愛か欲望か――。 大切な人を想う心に涙が止まらない!衝撃と感動のヒューマンミステリー

「ガリレオ」シリーズや『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など、数多くの作品が映像化されている人気作家・東野圭吾の原作小説を、主演に篠原涼子、共演に西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈ら豪華キャストを迎えて映画化した『人魚の眠る家』。

最新ニュース
『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
  • 『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
「ガリレオ」シリーズや『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など、数多くの作品が映像化されている人気作家・東野圭吾の原作小説を、主演に篠原涼子、共演に西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈ら豪華キャストを迎えて映画化した『人魚の眠る家』。

もしも、あなたの大切な人がふいに悲劇に直面し、もう二度と目覚めることはないと言われたら? もしも、最先端の技術でその人に“奇跡”が起きるかもしれないと言われたら? そんな究極の選択を迫られた夫婦が、愛する存在を持つすべての人に訴えかけるヒューマンミステリーは、この秋、かつてない衝撃と感涙をもたらしそうだ。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会

熱論必至!
東野圭吾の衝撃ミステリーに超豪華キャストが集結



犯罪捜査や不可思議な出来事を背景にしながら、普遍の家族愛や人間愛について、さらには生と死、生命と科学についての大きなテーマが描かれる東野ミステリー。これまでに映像化された作品は数知れず、韓国・中国など海外リメイクも多く、時代や国を超えて関心を集める題材を巧みな構成と筆致で世に送り続けている。本作で描かれるのも、愛する娘が不慮の事故に遭い、回復の見込みのない深い眠りについたことから当たり前の日常が一変する、ある家族の過酷な運命の物語だ。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
その映画化を任されたのは、「トリック」「SPEC」シリーズなど、独特の世界観で時代の空気をつかんだヒット作を創り上げてきた堤幸彦監督。“映像化困難”といわれた東野作品『天空の蜂』を江口洋介、本木雅弘ら俳優陣の新たな一面を引き出しながらメッセージ性のあるエンターテイメントに仕上げた手腕と、渡辺謙主演『明日の記憶』などに見られる主人公と家族に寄り添った繊細で温かな視点が、本作でも存分に発揮されている。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
主人公となる夫婦を演じるのは、実生活でも母であり、父である、篠原涼子と西島秀俊という世代トップの人気俳優。ある日突然、最愛の娘に悲劇が巻き起こるも、実は離婚寸前の“仮面夫婦”という難しい役どころに、TVドラマ「アンフェア」以来12年ぶり、映画では初共演となるタッグで挑んでいく。その夫婦を取り巻くキャストには、恋人同士を演じる若手実力派の坂口健太郎&川栄李奈に、山口紗弥加、田中哲司、田中泯、松坂慶子ら各世代の実力派が揃い、しっかりと脇を固める。

夫婦、親子、恋人…様々な立場に共感、ハラハラドキドキの展開と衝撃のクライマックス!



『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
篠原さんといえば、社会の第一線で働くキャリアウーマンやクールな女性刑事などのイメージが強いが、本作の播磨薫子として見せるのは、ただひたすらに子を想う母の顔。二度と目を覚ますことはないと言われても、本当に眠っているだけのような娘・瑞穂(稲垣来泉)。“娘は生きている”という思いは、端から見れば“狂気”にとりつかれたような行動を引き起こすことになっていく。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
西島さんが演じる夫・和昌も、夫婦関係は冷え切っていたとはいえ、大切な娘を“救いたい”気持ちは同じ。妻・薫子の娘への深い愛をくみ取り、最新医療技術の導入を薦める。仕事人間で家庭を顧みない夫はこれまでにも演じている西島さんだが、娘のために母親として闘い続ける妻に圧倒されるうちに、自らも理性を欠いていく姿はかつてないほど。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
和昌が社長を務めるハリマテクスで画期的な研究を担当しているのが、坂口さん演じる星野。最初は社長の希望に応えるためだったが、播磨家の作業に没頭するうち、自身が長年手がけてきた技術だけが幼い少女とその母を“救える”と盲目的になっていく。純粋で誠実だが、次第に研究者としてのエゴが透けて見える星野役に、坂口さんがハマる。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
そんな星野の変化に心の距離を感じ始めるのが、川栄さん演じる恋人の真緒。動物病院で助手をしており、同じように命に関わる仕事をしていることから意気投合して交際を始め、結婚の約束もしていたが、近ごろの星野の様子が心配でならない。彼女がやがて目にする光景は、映画を観ている者にも電流が走ったかような衝撃を与えるはずだ。

そして播磨夫妻を見守っていく存在の1人が、常に冷静沈着な瑞穂の担当医・進藤(田中哲司)。薫子の妹・美晴(山口紗弥加)もまた、夫婦仲がうまくいっていない姉を心配し、娘・若葉とともに足繁く姉を訪ねていく。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
薫子と美晴の母・千鶴子(松坂慶子)は、自分が連れていったプールで孫が事故に遭ったことから強い責任を感じていた。孫娘・瑞穂と娘・薫子の2人を何とか“救いたい”という一心で、積極的に彼らに関わっていくことに。

『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
和昌の父である多津朗(田中泯)は孫娘を襲った悲劇に心を痛めながらも、どうすることもできない非力さを抱えている。自身も技術者の端くれとして、薫子や和昌のエスカレートする行動が気になっていたが…。

物語が進むにつれ、深く眠り続ける娘を見守るすべての者の想いが交錯していく。なりふり構わずに娘を愛し抜く母を体現する篠原さんをはじめ、それぞれの熱演にも魅了されてほしい。


大切な人を救いたい…それぞれの思いに涙が止まらない



『人魚の眠る家』(C)2018「人魚の眠る家」 製作委員会
「どの夫婦にも親子にも突きつけられる究極の問題」と、堤監督は本作のテーマを語る。二度と目覚めることのない眠りの中にいる小さな存在をめぐっては、たとえ夫婦であっても、親子であっても、それぞれの愛ゆえに想いがことごとく行き違う。さらに映画では、まさに“堤マジック”ともいう形で、原作にはなかった娘・瑞穂が伝えたかった想いにも焦点が当てられているのがポイントだ。

それは、残された母・薫子や父・和昌、弟・生人(斎藤汰鷹)などにとっても、これからの希望になるような出来事であり、そのすべてが明らかになったときには溢れる涙が止まらない。そうした映画ならではの演出の数々には、東野氏自身も「原作者が泣いたらかっこ悪いという思いから懸命に涙は堪えました」と絶賛を惜しまない。

公開に先駆け、レビューサイトcocoにて実施した独占試写会でも「後半号泣。もし子供がいてこういう状況になったら自分ならどうするか。」「実力ある役者ばかり揃っているので原作より泣けた。」「篠原涼子の圧倒的な演技力はこの物語をに説得力を与えていた。」「終盤の母の叫びに、理屈ではない娘への愛情の深さに心を動かされました。原作も読みたいです。」とキャストの熱演や作品の完成度を絶賛する声が相次いでいる。

coco独占試写会のユーザーレビューはこちら



『人魚の眠る家』は11月16日(金)より全国にて公開。
『人魚の眠る家』公式サイト:http://ningyo-movie.jp/

〈提供:松竹〉
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top