キーラ・ナイトレイ、M・フォイと歓喜のハグ!『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア

『くるみ割り人形と秘密の王国』のヨーロッパプレミアが、現地時間11月1日(木)、イギリスのヴュー ウエストフィールド ロンドンにて開催。キーラ・ナイトレイが本作のイベントに初登場した。

最新ニュース
『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』キャラポスター(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
  • 『くるみ割り人形と秘密の王国』新ポスタービジュアル(c) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
『くるみ割り人形と秘密の王国』のヨーロッパプレミアが、現地時間11月1日(木)、イギリスのヴュー ウエストフィールド ロンドンにて開催。本作で主演を務めたディズニーの新たなヒロイン、マッケンジー・フォイや、本作のイベント初登場となるシュガー・プラム役のキーラ・ナイトレイほか、豪華キャスト、世界的アーティストらが登場した。

>>『くるみ割り人形と秘密の王国』あらすじ&キャストはこちらから

現地では11月2日からの公開が翌日に迫る中、物語の舞台となったロンドンで本作がお披露目されるということで、会場には上映を心待ちにする大勢のファンと世界各国から取材陣が多数集結。会場となったヴュー ウエストフィールド ロンドンには、劇中に登場する4つの国の中から、“雪の国”“花の国”を彷彿とさせる煌びやかな装飾がなされ、会場が<秘密の王国>と化した。

クリスマス・イブから始まる物語にちなんだクリスマスツリーも会場に彩りを添える中、主演を務めたマッケンジー・フォイが淡いピンクの「ロダルテ(RODARTE)」のドレスで登場すると、美しく透明感溢れる佇まいに注目が集まった。さらに、地元ロンドン出身のキーラ・ナイトレイが、今回初めて本作のイベントに登場! 真っ白で柔らかな印象の「シャネル(CHANEL)」のドレスで到着すると大きな歓声があがり、キーラも満面の笑みで返した。声援と拍手で会場が盛り上がる中、マッケンジーとキーラは、集まったマスコミのインタビューに丁寧に対応した。

『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.(左から)エリー・バンバー、ミスティ・コープランド、マッケンジー・フォイ、キーラ・ナイトレイ

■マッケンジー、不朽の物語に自信「誰もが楽しめる要素がある」


レッドカーペットでのインタビューでマッケンジーは、「ロンドンで撮影が行われたこともあり、この場所で映画が公開されることはとってもエキサイティングなことです」と、ロンドンが本作にとって特別な場所であることに言及。

『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
「本作で描かれているのは、母を亡くして苦痛と悲しみにくれる中、“秘密の王国”での旅を経て、自分自身について学んでいくごく普通の少女の姿です」と作品について語り、「“くるみ割り人形”の物語には、すべての人に向けられた特別な何かが存在していて、誰もが楽しめる要素があるので、ずっと愛され続ける作品ですね」と、人々の共感を呼び心を動かす作品であることを、自信を持ってコメントした。

■キーラ・ナイトレイ、共演の美少女ヒロインを絶賛「私は彼女の大ファンよ!」


“お菓子の国”の統治者で、<秘密の王国>に迷い込んだクララを歓迎し、世話をやくシュガー・プラム役のキーラは、「おもちゃやお菓子に命が吹き込まれるというアイディアは、小さなころから大好きだった」と、子どもの頃から慣れ親しんできた物語の思い出を初めて明かした。

『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
そして「“くるみ割り人形“の物語の素敵なところは、クリスマスの魔法が存在するところ。映画のセットデザインは素晴らしいし、衣装やメイクも華やかだから、映像は本当に美しく、ストーリーも家族そろって楽しめると思うわ!」と、映画の魅力についても熱弁。共演したマッケンジーについては、「彼女は人の目を惹く魅力を持ち、愛らしく、そして努力家なの。私は彼女の大ファンよ!」と、興奮気味に絶賛した。


また、このUKプレミアには本作で重要な音楽を担った豪華アーティストを2組が初登場! 1996年にサラ・ブライトマンとのデュエット「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」で爆発的な人気となった“世界最高峰のテノール歌手”と呼ばれるアンドレア・ボチェッリが、本作のエンドソング「フォール・オン・ミー」でコラボレーションした息子マッテオ・ボチェッリと登場。

さらに、中国人アーティストとしては初めて、アルバムがグラミー賞にノミネートされたほか、「TIME」誌の「世界で最も影響力のある100人」に選出されるなど、感情豊かな音楽を奏でるピアニストとして、いま世界で注目を浴びるラン・ランの姿も。

本作で、チャイコフスキーの楽曲を新たにアレンジした「くるみ割り人形組曲」のピアノ演奏を担当した彼は、「チャイコフスキーが作曲した元々の楽曲は、最高に美しく、爽やかで、明るく陽気で、感情に訴える曲です。その名曲に、見事が編曲がなされ、親しみの持てる温かいピアノのカラーを引き出すオーケストラ曲となりました。本当に美しく、まるで魔法のような音楽です! 聴くだけで、おとぎ話の世界へと導かれるようです」とコメント。自身のキャリアのきっかけともなったチャイコフスキーの不朽の名曲に、さらなる彩りが加えられた本作のオリジナル楽曲の素晴らしさを熱く語った。

『くるみ割り人形と秘密の王国』ヨーロッパプレミア(C) 2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
素晴らしい楽曲の数々がストーリーを彩り、観る者の心を揺さぶる本作ならではの豪華アーティストも加わり、“プレミアム・ファンタジー”の名にふさわしいイベントとなった。

『くるみ割り人形と秘密の王国』は11月30日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top