初登場第1位!『ヴェノム』は種族を超えたブロマンス!?トム・ハーディとの“バディ”に「悶絶」「かわいい」

『ヴェノム』が動員・興収ともに圧倒的No.1の大ヒットスタートを記録!その強烈ビジュアルとは裏腹に(?)「かわいい」「面白い」といった声が溢れ、「ハリウッド版ど根性カエル」「マーベル版寄生獣」「むしろ、うしおととら」といった声まで上がっている。

映画 洋画ニュース
『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL
  • 『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL
  • 『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL
  • 『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL
  • 『ヴェノム』(C) &TM 2018 MARVEL
  • 『ヴェノム』(C) &TM 2018 MARVEL
  • 『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL
  • 『ヴェノム』声優発表キャスト写真
  • 『ヴェノム』(C) &TM 2018 MARVEL
トム・ハーディ主演『ヴェノム』が11月2日(金)に日本公開され、動員・興収ともに圧倒的No.1の大ヒットスタート! 本作をいち早く見たファンたちのコメントがTwitterなどSNSに続々と投稿される中、その強烈ビジュアルとは裏腹に(?)、ヴェノムに対して「かわいい」「面白い」といった声が溢れ、また、主人公エディを演じたトムハとの“コンビ”には「ハリウッド版ど根性カエル」「マーベル版寄生獣」「むしろ、うしおととら」「ボケとツッコミの一人漫才コンビ」「二人羽織」といった声まで上がっている。

>>『ヴェノム』あらすじ&キャストはこちらから

◆日本のヒットスタートで世界興収は約600億円を突破!


週末土日2日間で動員28万9,012人、興行収入4億3903万5,300円となり、動員・興収とも1位のヒットスタートを切った本作。公開初日から3日間の累計では、動員39万6,989人、興収5億9615万2,400円という大ヒットに。この日本でのNo.1オープニング達成が後押しとなり、全世界累計興行収入は今週末で約612億円(5億4160万ドル、1ドル=113円 ※11月5日現在)を突破することになった。

『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL

◆このヴェノムが「かわいい」ってどういうこと?


劇場には、トム・ハーディのファンや声優ファン、マーベルファンなどの女性客はもちろん、20~30代男性をメインに幅広い年齢層が訪れており、11月3日の夜には「#俺たちはヴェノムだ」のワードがTwitterのトレンド1位にランクインするという快挙。この2週間のうちに2度のTwitterトレンド1位を達成しており、SNS上で大きな盛り上がりを見せている。

『ヴェノム』(C)&TM 2018 MARVEL
なかでも、マーベル史上最も残虐な悪の存在として認知されていたヴェノムのキャラクタービジュアルの圧倒的インパクトについて、「日本人からしたら見慣れた“ごはんですよ”みたい」と絶妙な例えで絶賛する声や、二次創作のイラストなども続々とアップされ、“かわいさ”や“ユニークさ”といった意外性を楽しむ声が続々。公式Twitterでは、その反響ぶりを喜んでいる(?)


◆ヴェノム&エディの“バディ”物語には「ラブストーリー」の声も


国内最大規模の映画レビューサイト「coco」では、総ツイート数や上映中映画のツイート数(直近24時間)が圧倒的で、映画レビュアーのポジティブ(好評価)指数も93%と高い数値を記録。

レビュアーからは、やはり予告編などから受けた印象をいい意味で裏切るヴェノムのキャラクター性に、「ヴェノムの愛嬌に悶絶」「口は悪いけど聞き分けは良いコ」「狂暴なのかと思ったらわんこみたい」といったコメントが続出!

エディ役のトムハに対しても、「これまで観たことのない三枚目トムハ」「パニクるトムハかわいい」「冴えない男とヴェノムのお調子者感を好演」などのコメントが寄せられ、さらに、エマ・ストーンらがブレイクするきっかけとなった終末ホラーコメディ『ゾンビランド』を手掛けた監督(ルーベン・フライシャー)だけに、「コメディ寄りと思ってなかったので、良い裏切り感」「自分の観たかったヴェノムを完璧に映像化してくれた」といった声も上がっている。

『ヴェノム』(C) &TM 2018 MARVEL
また、何と言っても観客を惹きつけているのは、宇宙からきたヴェノムと、彼に思いがけなく寄生されてしまう主人公エディとの“バディ”ストーリーであること。エディは体を乗っ取られ混乱しながらも、追っ手を瞬殺してしまうほどのヴェノムのパワーや驚異の生命力に惹かれ、ヴェノムもまたエディを“寄生しがいのある”信念を持った人間としてすっかり気に入り、共存関係を結んでいく。

そんな“2人”には、「確かにど根性ガエルや寄生獣を彷彿とさせるバディムービー」「軽妙なやりとりが楽しい」「バディものとしてよく出来ている」といった声から、「宇宙の片隅で魂の片割れを見つけてしまった話」「お互い運命を感じ引き寄せ合うラブストーリー」「トム・ハーディとヴェノムの共生いちゃいちゃ恋愛物語」と、種族を超えた“ブロマンス”という指摘も数多い。こうした要素もあるためか、「スパイダーマンなしのヴェノムはどうかな?と思ったけど楽しい」「初心者でも楽しく観れる」とのコメントも上がっている。

『ヴェノム』は全国にて公開中。
《text:Reiko Uehara》

特集

関連記事

特集

page top