【MOVIEブログ】Cinemage: ハロー、ワールド(前)

現在育児休業中ですが、自分なりの映画へのオマージュ、Cinemage投稿させてもらいます。 今回は育児休業にあたり、生まれてくる子どもの気持ちになって自分の人生を変えてくれた映画へのオマージュを書いてみました。

最新ニュース
「ハロー、ワールド(前)」
  • 「ハロー、ワールド(前)」
  • 「ハロー、ワールド(前)」
現在育児休業中ですが、自分なりの映画へのオマージュ、Cinemage投稿させてもらいます。
今回は育児休業にあたり、生まれてくる子どもの気持ちになって自分の人生を変えてくれた映画へのオマージュを書いてみました。

「ハロー、ワールド(前)」

ボクは赤ちゃん。
名前はまだない。
自分が男の子なのか女の子なのかもわかってない。
ボクは今ママのお腹の中にいる。
ママのお腹の中に来る前は、ボクは雲の上に浮かんでた。他にもボクみたいな赤ちゃんがいっぱいいて、みんな頭の上に色んな色の風船がついてて、それでポワンポワンと浮かんでいた。ちなみに、ボクの風船はきれいな緑色。好きだったなぁ、あの色。そこでは、みんなはいっつも下を見ていて、面白そうな人を見つけようとしていた。面白そうな人を見つけた赤ちゃんは大きな声を出して笑うんだけど、そうすると頭の上の風船がポンって割れて、その赤ちゃんはその人のところに落ちていくの。みんなそうやってママを選んでた。だから、ボクも自分のママが面白そうだなと思ってここに来たんだ。ボクのママはいつもカメラを持って色々な写真を撮ってて、それがなんか面白くてボクもママに撮ってもらいたくなって、笑っちゃった。

ママのお腹の中はちょっと狭いけど、温かくてユラユラしていてとっても気持ちがいい。雲の上はとても静かだったけど、ここではいつも何か大きな音が響いている。正直とてもうるさいんだけど、じっと聞いていると何だか落ち着いてくる。なんでだろう。ドクンドクン♪ とまるで空から天井を叩かれているような感じでとってもうるさいのに不思議。でも、やっぱり一番安心するのはママの声。ママの声はとっても優しくてあったかい。ママが楽しそうにおしゃべりしてるときは、ボクも楽しくなるし、ママが何だか悩んだりしていると、こっちもちょっと寂しくなる。ボクのお腹の真ん中からは長い管が出ていて、これがママと繋がってるみたい。いつもボクもそこからママに呼びかけたりしてるんだけど、これはまだママには伝わらないみたい。早くママとおしゃべりしたいんだけどなぁ。

「ハロー、ワールド(前)」
でも、実はママだけじゃなくて、別の声も聞こえてる。ママがよく話している人の声で、ママの声とは全然違ってて、何だか太い感じ。そんなにいっぱいしゃべる感じではないんだけど、この人としゃべってるときのママはとても幸せそうで、ボクも落ち着く。この人の声もとっても優しい。ボク、この人の声も好き。ママはその人のことをこう呼んでいる。

「イチさん」

ママが言うこの「イチさん」がボクは大好き。ママはお腹の中のボクにもよく「まるちゃん」みたいなことを言って呼びかけてくれるんだけど、この「イチさん」にはかなわない。ママの「イチさん」は優しくてあったかいんだけど、とっても強い感じがする。励まされる。イチさんの他にもママが話している人はいるんだけど、あんまりママの中までは届いていなくて、つまりはボクにもよく聞こえてない。イチさんの声だけはなぜかよく届く。このイチさんって人はママにとって、すごく大事な人なんだろうな。だから、きっとボクにとっても大事な人なんだと思う。

そんなイチさんの声が最近はあんまり聞こえない。なんだか忙しいみたいで、あんまりママのところにいないみたい。ボクもここでは寝たり起きたりを繰り返してるから、ママのまわりで何が起きているかはよくわかってないんだけど、こないだ久しぶりにイチさんの声を聞いた時は、声が震えててなんだかとてもつらそうだった。ボクもなんだかキューっとしちゃって、ママのお腹の中が狭くなった気がした。ママはそんなイチさんの様子を聞いて、こう言ってた。

「とても大変なことが起こっているんですね」

それからママの声もイチさんの声も聞こえなくなった。2人とも何も話してはいなかったけど、とても近くにいて、ボクのいるお腹のあたりもとても温かくなった。とても静かだったけど、何だかとても気持ちが良かった。

【2018.11.13】
《text:Yusuke Kikuchi》

関連ニュース

特集

page top