【ディズニー】TDL大規模開発工事現場に初潜入!完成前パークをチラ見せ!

6日(木)早朝、東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、現在進行中プロジェクト「東京ディズニーランド大規模開発」の工事進行中現場の視察会を開催。メディア向けに初公開した。

最新ニュース
「東京ディズニーランド大規模開発」
  • 「東京ディズニーランド大規模開発」
  • 「東京ディズニーランド大規模開発」
  • 「東京ディズニーランド大規模開発」
  • 「東京ディズニーランド大規模開発」
  • 「東京ディズニーランド大規模開発」
  • 「東京ディズニーランド大規模開発」
  • 「東京ディズニーランド大規模開発」
  • 「東京ディズニーランド大規模開発」
6日(木)早朝、東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、現在進行中プロジェクト「東京ディズニーランド大規模開発」の工事進行中現場の視察会を開催。メディア向けに初公開したほか、「美女と野獣“魔法のものがたり”」などの各施設の正式名称も決定した。

「東京ディズニーランド大規模開発」とは、すでに発表があったとおり、2020年春の開業に向けて進めているパークの大規模拡張計画のこと。この大規模開発では、東京ディズニーランド内の7つのテーマランドのうち、「ファンタジーランド」「トゥモローランド」「トゥーンタウン」の3つにまたがる総開発面積約47,000平方メートルの場所に、大型アトラクションやエンターテイメントシアター、レストラン、商品店舗など新しい施設を導入するというもの。その総費用は約750億円を予定しているという。

「美女と野獣エリア(仮称)」の街並み
今回の視察会では、初めて建設中の現場に入るメディアのために、当プロジェクト担当者や広報部員が各施設の概要や工事の進捗などを説明。そのなかで「美女と野獣の城」の中にある大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」、商品店舗「ビレッジショップス」、レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」など、各施設の正式名称なども発表となった。

『美女と野獣』をテーマにした大型アトラクション
アトラクションには高齢者にも優しいバリアフリー導入など、完成前だからこそ見られるディズニーテーマパークならではのこだわりのポイントも明かされ、来たる2020年春のグランドオープンに向けての期待を煽った。

『ベイマックス』をテーマにしたアトラクション
※取材時の状況に基づいて記事化しています。ショー内容など、異なる場合もあります。また、紹介したイベント、メニューなど、すべての情報は予告なく変更になる場合があります。詳細は公式サイトを参照ください。

(C) Disney
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top