松山ケンイチ&早乙女太一、アニメ映画『プロメア』でW主演! 小山力也ら豪華声優も参戦

アニメーション映画『プロメア』に松山ケンイチと早乙女太一が出演決定。第2弾PVと新ビジュアルも到着した。

映画
アニメーション映画『プロメア』にて、俳優の松山ケンイチと早乙女太一がW主演を務めることが決定。併せて、第2弾PVと新ビジュアルも到着した。

■ストーリー


世界大炎上――。全世界の半分が焼失したその未曽有の事態の引き金となったのは、突然変異で誕生した炎を操る人種<バーニッシュ>の出現だった。あれから30年。攻撃的な一部の面々が<マッドバーニッシュ>を名乗り、再び世界に襲いかかる。対バーニッシュ用の高機動救命消防隊<バーニングレスキュー>の燃える火消し魂を持つ新人隊員・ガロと<マッドバーニッシュ>のリーダー・リオ。熱き魂がぶつかりあう、2人の戦いの結末は――。

『プロメア』(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

■W主演に松山ケンイチ&早乙女太一!


本作は、「天元突破グレンラガン」「キルラキル」のTVシリーズを手掛けた今石洋之監督と脚本の中島かずきが再びタッグを組んだ待望の完全オリジナル劇場アニメーション映画。

W主演となる松山さんと早乙女さんが演じるのは、消防隊<バーニングレスキュー>に所属する新人隊員ガロ・ティモスと、ガロの宿敵となるリオ・フォーティア。さらに、ガロの上司、クレイ・フォーサイトは堺雅人に決定。中島氏が描く世界観を深く理解し、独特の熱い言い回しを体現、個性的なキャラクターたちに息を吹き込むのはこの3人しかいないという理由で今回キャスティングされたという。

松山ケンイチ松山ケンイチ

■早乙女太一「冒頭から熱さ全開」


演じるガロというキャラについて、“とんでもなく熱い男”だと語る松山さんは、「僕もガロに負けないくらい、思いっきり熱く、そして楽しく演じさせて頂きました。この熱き男たちのド迫力のアクション、人間ドラマを映画館で是非とも体験してください!」と熱いコメント。

一方、リオは“クールな中にも熱い魂を宿した男”と説明する早乙女さんは「冒頭から熱さ全開の作品となってます。自分も完成が待ち遠しいです! 5月の公開をぜひ楽しみにしていてください!」とメッセージを寄せている。

早乙女太一/映画『BLEACH』公開直前!BLEACHフェス(C)久保帯人/集英社 (C)2018 映画「BLEACH」製作委員会早乙女太一
そして、堺さんは「私の演じたプロメポリスの司政官、クレイはガロたち<バーニングレスキュー>の後ろ盾をする男です。ただ、、、これ以上はまだ言えません(笑)」と自身のキャラクターについては明言を避けている。

堺雅人/『プーと大人になった僕』ジャパンプレミア堺雅人

■キャストの声も収録! ストーリーが明らかになる映像解禁


到着した第2弾PVでは、本作の世界感やストーリーも明らかに。近未来的な街並みや、赤と白を基調としたマシンに乗り込むガロと、黒い鎧を身にまとうリオが激しく戦うシーンも登場している。


■豪華声優陣が脇を固める!


ほかにも、本作にはTVアニメや吹き替え、ナレーションなどで活躍する豪華声優陣も出演!

「BLOOD+」「薄桜鬼」の吉野裕行、「名探偵コナン」毛利小五郎役や「24 -TWENTY FOUR-」ジャック・バウアーの吹き替えでお馴染みの小山力也、「幽☆遊☆白書」飛影役の檜山修之をはじめ、佐倉綾音、稲田徹、新谷真弓、小清水亜美、楠大典、小西克幸の参加も決定した。

『プロメア』は5月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top