アニー賞ノミネーション発表 『天気の子』など日本3作品が候補に

第47回アニー賞のノミネーションが発表された。

最新ニュース ゴシップ
『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『天気の子』(C)2019「天気の子」製作委員会
  • 『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』Copyright (C) 2019 DreamWorks Animation LLC.  All Rights Reserved.
  • Netflix映画『クロース』
  • 『若おかみは小学生!』(C)令丈ヒロ子・亜沙美・講談社/若おかみは小学生!製作委員会
  • 『プロメア』(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG
  • 『失くした体』11月29日(金)よりNetflixにて独占配信
第47回アニー賞のノミネーションが発表された。『アナと雪の女王2』と『ミッシング・リンク』が「作品賞」を含む8部門にノミネートされ、リード。作品賞のほかの候補作は『ヒックとドラゴン 聖地への冒険』、『クロース』、『トイ・ストーリー4』。

日本の作品は、新海誠監督の『天気の子』が「長編インディペンデント作品賞」、「視覚効果賞」、「監督賞」、「脚本賞」の4部門にノミネート。「長編インディペンデント作品賞」は『天気の子』とともに高坂希太郎監督の『若おかみは小学生!』と今石洋之監督の『プロメア』がノミネートされ、5本の候補作品のうち、3本を日本の作品が占めた。ほかの2本はフランスの『失くした体』とスペインの『Bunuel in the Labyrinth of the Turtles』(原題)。

「Variety」誌による製作スタジオ別のノミネーション数は、近年賞レースをにぎわせているNetflixが39、ドリームワークス・アニメーションが18、ディズニーが16ノミネートとなっている。

第47回アニー賞授賞式は来年1月25日にUCLAのロイス・ホールで開催される。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top