“時を超える愛”が感動を呼ぶ!恋愛映画の王道に注目『九月の恋と出会うまで』ほか

高橋一生と川口春奈が初共演でW主演を務める『九月の恋と出会うまで』をはじめ、<タイムリープ×ラブストーリー>は恋愛映画の“鉄板”にして王道。国・時代問わず多くの観客を魅了してきた。

映画
『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
  • 『時をかける少女』 1983年 (C) APOLLO
  • 『時をかける少女』 1983年 (C) APOLLO
  • 『時をかける少女』 1983年 (C) APOLLO
  • 『時をかける少女』 1997年 (C) APOLLO
恋愛映画初主演となる高橋一生と、映画・ドラマ・CMで幅広く活躍する川口春奈が初共演でW主演を務める『九月の恋と出会うまで』。“書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説”第1位の小説を映画化した本作は、時空を超える一途な思いと切ない嘘に涙する大人のラブストーリー。

こうした<タイムリープ×ラブストーリー>は、これまでにも数々の名作を生み出してきた、恋愛映画の“鉄板”にして王道のジャンル。それぞれの作品ごとに様々な趣向が凝らされ、国・時代問わず多くの観客を魅了してきた。

■過去と未来の交錯が最高に切ない!?『時をかける少女』(1983/1997/2006/2010)


タイムリープ能力を持った女子高生と、未来から来た男子との交流を描いている本作。1983年の原田知世主演×大林宣彦監督の実写映画から、2006年の細田守監督によるアニメーション映画など、1965年の筒井康隆の原作発表以来、4度も映画化された。

『時をかける少女』 1983年 (C) APOLLO
それぞれの作品ごとにテイストやストーリーは若干異なるものの、日本における<タイムリープ×ラブストーリー>の原点ともいえる作品であり、多くの人に感動を届けてきた名作。過去に戻って何かを変えることによって起こる弊害、そして未来を変えるため悪戦苦闘する姿など、SFでありながら、主人公の少女の姿は、観客に身近な存在として強く心に残っている。

『時をかける少女』  -(C) 映画「時をかける少女」制作委員会2010

■過去に戻っても幸せになれない!? 『バタフライ・エフェクト』(2005)


主人公は過去に戻れる不思議な能力で何度も人生の分岐点をやり直そうとするものの、選択肢を変えるたびに必ず誰かが不幸に巻き込まれてしまうストーリー。ラストで主人公(アシュトン・カッチャー)が選択するある答えは、観る者が胸をかきむしるほど切ない気持ちにさせ、話題となった。

『バタフライ・エフェクト』(C) APOLLO
そんな本作は、1作目が大ヒットしたことで2作目、3作目とキャラクターやジャンルを変えて続編も制作された“タイムリープ映画”の名作として非常にファンの多い1作。

『バタフライ・エフェクト』(C) APOLLO

■過去に戻るより現在を生きろ!? 『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』(2014)


過去に戻っても解決できない物事がある、というジレンマを描いた上記2作品とは違い、本作は“過去に戻ること”そのものの意味を問うメッセージを発している意欲作。

『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』 (C)Universal
過去に戻る能力を持った一族の男性(ドーナル・グリーソン)とその家族の物語は、どこか懐かしく、また二度と戻れない限りある“現在”を生きることへの素晴らしさを訴え、世界中を感動の渦に包み、日本でもロングランヒットした。

『アバウト・タイム~愛おしい時間について~』 (C)Universal

■過去と現在で入れ替わり!? 『君の名は。』(2016)


いまや日本国内では知らない人はいないと言っても過言ではない、大ヒットアニメーション映画。興行収入250億円を超え、日本の歴代興行収入ランキングでも堂々4位に入るなど、タイムリープものの新たな代名詞となった。

『君の名は。』(C) 2016「君の名は。」製作委員会
タイムリープものが持つ時間のズレが生む“切なさ”と、男女の入れ替わりという“コミカル”な要素を掛け合わすことで、観る人を裏切る予想外のストーリーを生み出し、日本国内にとどまらず、世界でもファンを生み出すほどの社会現象に。ハリウッドで実写映画化が進行中だ。

『君の名は。』(C) 2016「君の名は。」製作委員会『君の名は。』(C) 2016「君の名は。」製作委員会

■“未来”が愛する人を消してしまう!?『九月の恋と出会うまで』(2019)


<タイムリープ×ラブストーリー>作品は、主人公が過去に戻って何かを変えることの是非や、未来を変えるために奮闘する姿が描かれることが多かった。本作がそうしたこれまでの作品と一線を画す点は、タイムリープの生じる対象が“未来からの声”であるということ。

『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
そんな未来からの声に志織(川口さん)が救われたことにより現在が変わってしまい、“タイムパラドックス”が生じたことで物語は動き出していく。その矛盾に気づいた隣人の平野(高橋さん)は、変わってしまった“現在”で、志織に声を届けてくれた“未来の誰か”を見つけ出し、生じてしまった矛盾を解消するよう奔走していく。

『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員 
そんな中、平野が志織を思いやるからこそついてしまう、大人の嘘が切なく、涙を誘う本作。次第に惹かれ合う2人が、どのようにして運命を変えていくのか。ラストまで目が離せない展開が待っている。

<タイムリープ×ラブストーリー>という王道の物語には、“時を超える強い愛”が常に伴う。どんな物語でもこの普遍的な要素が、観る人の心の琴線に触れ、数々の感動を生み出してきた。この2つが組み合わさった本作は、新たな大人の恋愛映画の名作として心に刻まれるだろう。

『九月の恋と出会うまで』は3月1日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top