川口春奈、“もう一度観たい泣けるシーン”の高橋一生に「ゾクッとしました」

『九月の恋と出会うまで』の公開後記念舞台挨拶が開催され、ホワイトデー間近ということで高橋一生と川口春奈が観客に白いバラを渡しながら登場、会場は大歓声に包まれた。

最新ニュース レポート
『九月の恋と出会うまで』公開後舞台挨拶 (C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
  • 『九月の恋と出会うまで』公開後舞台挨拶 (C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
  • 『九月の恋と出会うまで』公開後舞台挨拶 (C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
  • 『九月の恋と出会うまで』公開後舞台挨拶 (C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
  • 『九月の恋と出会うまで』公開後舞台挨拶 (C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
  • 『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
高橋一生と川口春奈の初共演&W主演で贈る映画『九月の恋と出会うまで』。3月12日(火)、公開後記念舞台挨拶が開催され、ホワイトデー間近ということで高橋さんと川口さんが観客に白いバラを渡しながら登場、会場は大歓声に包まれた。

>>『九月の恋と出会うまで』あらすじ&キャストはこちらから

新宿ピカデリーにて行われた今回の公開後記念舞台挨拶。W主演の高橋さんと川口さんが1人1人に握手を交えながら丁寧に白バラを渡していく姿に、中には泣き出す人も。高橋さんは「今日は本当のサプライズ登場にしようと思っていたんですけど、司会の方に言われてしまったので、サプライズにはならなかったんですが(笑)皆さんのお顔を拝見して、映画を観終わったあとの反応を間近で伝えていただけたので、とても嬉しかったです」と満足げに挨拶。

『九月の恋と出会うまで』公開後舞台挨拶 (C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
川口さんも「お花を配りながら『映画良かったよ』と直接言っていただけて、とても嬉しかったです。白いバラの花言葉は、『ひと目ぼれ』ということで、作品にもピッタリですよね」と語った。

『九月の恋と出会うまで』公開後舞台挨拶 (C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

■高橋一生、高校生カップルに「観るー」宣言される!?


映画を鑑賞した観客から「2回目だからこそ2人の行動や言動も理解度が高まった」「平野の先読みした瞬間や志織の確信した瞬間の心の動きが微かな表情で伝わり、涙をこらえるのに必死でした」といった声が寄せられていることについて、周囲からの反応を聞かれた高橋さん。

『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
「実はさっき控室の出入り口を間違って、映画館のエスカレーターに繋がる扉を開けてしまいまして。そしたら、ちょうど高校生のカップルがいらっしゃって、すぐ扉を閉めたんですけど、扉越しに『観るー!!』っていう声が聞こえまして。観てくれるんだなって思いました(笑)直の声が聞こえたのでとても嬉しかったですね」とほっこりするエピソードを披露。

川口さんも「志織ちゃん可愛かったよとか、お部屋もすごい可愛かったとかたくさん嬉しい声が届いています」と周囲からの声に感謝していると明かした。

『九月の恋と出会うまで』(C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会

■“もう一度観たい泣けるシーン”発表に高橋一生「恥ずかしかった(笑)」


また、二度、三度と鑑賞している方が多いことから、事前に公式SNSで募集していた“もう一度観たい泣けるシーン”の投票結果の発表が行われた。候補に挙がったのは「(1)丘の上で誕生日プレゼントを渡すシーン」「(2)公園で平野が切ないウソをつくシーン」「(3)すれ違ってしまった2人が部屋で涙するシーン」「(4)平野が想い出の写真を見て泣き崩れるシーン」の4つ。

今回1位に選ばれた「(4)平野が想い出の写真を見て泣き崩れるシーン」の映像がスクリーンで流れると、会場からは自然と温かい拍手が! 映像をみた高橋さんは「とにかく恥ずかしかったですね(笑)この大画面でしかも皆さん観たばっかりなのに(笑)」と照れ気味。


撮影時の思い出を聞かれると、「平野とか志織の部屋のシーンをまとめて撮っていたので、割と撮影の前半でしたね。お互い話しながら、監督を交えて流れを確認しながら撮影していましたね」と淡々と語るも、川口さんは「私もここのシーンの一生さんに泣かされましたね。自分が参加していないシーンでもあるので、完成した映像を観たときにゾクッとしましたね」と感動を告白した。

■「普段あまり泣かない」高橋一生、「お芝居の時だけ感情が豊かになっているのかも」


さらに会場からの質問で、「涙は自然と流れるものなのか、意識して泣くものなのか」と訪ねられた高橋さんは「泣くぞ! とはやらないですね(笑)あまり意識して泣かなきゃってやると、泣けなくなっちゃうんじゃないかと思うので。普段あまり泣かないので、お芝居の時だけ感情が豊かになっているのかもしれないですね」と自己分析。

一方、川口さんは「この映画に関しては自然に涙がこぼれたなって思いますね。脚本を読んだだけでもグッときましたし、そこに平野さんが立つと余計にくるものがありました」と明かした。

『九月の恋と出会うまで』公開後舞台挨拶 (C)松尾由美/双葉社 (C)2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会
最後に、川口さんは「こうして足を運んでくださったり、日々色んなところからメッセージを届いていることに感謝しております。もし映画を気に入っていただけたなら、大切な人と何度でも観ていただけたらと思いますので、これからもよろしくお願いいたします」と挨拶。

そして、高橋さんは「今日皆さんとかなり近い距離で反応を見れたことは僕にとって収穫だったなと思っています。1つの作品をこうして皆さんが観て下さっているんだと改めて思い知りました。僕がお芝居させていただいているものが、1人1人の心に少しでも残っているということは、これから前に進んでいくときに原動力になるなと思いました」と観客の反応に感謝を寄せて語り、イベントは幕を閉じた。

『九月の恋と出会うまで』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top