ダメ男を副大統領にまで押し上げたのは妻だった!『バイス』特別映像

クリスチャン・ベイル主演×アダム・マッケイ監督×ブラッド・ピット製作『バイス』から、ディック・チェイニーの妻リン・チェイニーについてフィーチャーした特別映像がシネマカフェに到着。

映画 洋画ニュース
『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
  • 『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
  • 『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
  • 『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
  • 『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
  • 『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
  • 『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
  • 『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
  • 『バイス』(C) 2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
クリスチャン・ベイル主演×アダム・マッケイ監督×ブラッド・ピット製作の『マネー・ショート 華麗なる大逆転』チームが再集結した『バイス』。この度、“副大統領”ディック・チェイニーの妻リン・チェイニーについてフィーチャーした特別映像がシネマカフェに到着した。

>>『バイス』あらすじ&キャストはこちらから

父ジョージ・H・W・ブッシュ政権下では国防長官として、息子ジョージ・W・ブッシュ政権下では2001年~2009年まで副大統領を務めたディック・チェイニーをクリスチャン・ベイルが驚異の大変身で演じた本作。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
「次はブッシュだけど、その次は誰かしらね」とチェイニーに耳打ちする妻のリンは、「夫の影に隠れた野心家だった。チェイニーはリンにほれ込み、実際のかじ取り役は彼女が担っていたそうだ」と届いた映像で語るのは、監督のアダム・マッケイ。

アメリカ同時多発テロ事件から38年さかのぼった1963年。若きチェイニー(ベイル)はろくに授業にも出ない酔っぱらいの大学生だった。イェール大学を退学となり、自らが育ったワイオミング州で電気工として働き始めたが、酒ぐせの悪さは相変わらず。警察の世話になった彼を引き取ったのは、成績オールAの才女である恋人リン(エイミー・アダムス)だった。「もう愛想が尽きたわ!」と罵声を浴びせるリンに赦しを請うたチェイニーは、ぼそっと「二度と君を失望させないよ」と誓うのだ。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
「リンには生き抜く本能があった。厳しい環境で育ったからね。愛想を尽かしかけても信じてた。リンは自分の欲望を追求したの。そして目標を全て実現したわ」とリン・チェイニーを演じ、アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたエイミーは語る。

『バイス』 (C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.
下院議員選挙に出馬することになったチェイニーがタイミング悪く心筋梗塞で倒れた際、彼を救ったのは切れ者の妻リンだった。もともと話し下手なうえに、病院で静養を余儀なくされたチェイニーに代わり、選挙キャンペーンでマイクを握ったリンは、心に響くスピーチでワイオミングの市民を魅了、夫の勝利の女神となった。


「リンが誰を選んでも、その男は大統領か副大統領になっただろうと言われる」とマッケイ監督が証言するように、女性が政界に進出することが難しかった時代に、夫を支えながらも自らの欲望を追求したリン。一介の電気工から副大統領まで夫を押し上げた妻のしたたかさと強さが、本作では存分に描かれている。

『バイス』は4月5日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top