映画俳優・玉森裕太が誕生 ハプニングにも監督が賞賛「鼻血が出るまで追い込んだ」

「Kis-My-Ft2」の玉森裕太が4年ぶりに主演を務める映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の完成披露が4月16日(火)、都内にて行われ、玉森さんらが舞台挨拶に登壇した。

最新ニュース レポート
玉森裕太/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
  • 玉森裕太/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
  • 玉森裕太/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
  • 吉岡里帆/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
  • 染谷将太&玉森裕太&吉岡里帆/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
  • 美村里江/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
  • 清水尋也/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
  • 田口トモロヲ/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
「Kis-My-Ft2」の玉森裕太が4年ぶりに主演を務める映画『パラレルワールド・ラブストーリー』の完成披露が4月16日(火)、都内にて行われ、玉森さんらが舞台挨拶に登壇した。

『パラレルワールド・ラブストーリー』は、累計発行部数130万部を超える東野圭吾の珠玉の同名小説を映画化。研究者の崇史(玉森さん)は、ひとつの世界では愛する麻由子(吉岡里帆)と恋人同士だが、もうひとつの世界では麻由子は親友の智彦(染谷将太)の恋人だった。混乱する崇史は、彼女が本当は自分の恋人なのか、親友の恋人なのか探り、ふたつの世界の間で、ある真実にたどり着く。

染谷将太&玉森裕太&吉岡里帆/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会

「監督がどSすぎる…」キャスト陣の証言続々


本作において、だいぶ追い込まれたという玉森さんは、「基本、ずっと緊張感のある現場で、そんなに笑いとかにこやかな空気ではなかったんです」と、穏やかな舞台挨拶の雰囲気とは一変した空気感であったと伝えた。ふたつの世界が描かれるのだが、役作りについても「自分には経験もないことですし、役作りもすごく苦労しました。監督からもいっぱいアドバイスをいただいて現場に挑みました」と苦労があったと明かした。

吉岡里帆/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
ヒロインとなった吉岡さんも、玉森さんの隣でうんうんとうなずき、「監督がどSすぎる…こんな現場あるのかっていうくらい、味わったことないくらいとてもストイックな現場でした」と、ほとんどキャスト同士も会話なく緊迫していたという。さらに、吉岡さんが「玉森さんが染谷さんとの大事なシーンで鼻血を出したと聞いた。本当に追い込まれすぎて出た鼻血なのかなと…」と言えば、森義隆監督が「暴力は現場にはなかったです!」とすかさず否定。

うっすら笑みを浮かべた玉森さんは、「智彦との大事なシーンで、自分も熱が上がりすぎちゃったのか、いろいろ考えていたら鼻血がタラーンと垂れてきて(笑)」と、在りし日の撮影を思い起こしていた。

森監督が絶賛「映画俳優・玉森裕太の誕生も同時に目撃して」


キャストが歯を食いしばって演じた本作について、森監督は「面白いと思ってもらえることを目指して作った。玉森裕太という映画俳優を生み出す覚悟をもって関わって、本当に鼻血が出るまで追い込みました」と真摯にふり返る。「彼という俳優が誕生させられれば絶対いい映画になるという覚悟の中で、期待に大いに応えてくれたと思う。映画俳優・玉森裕太の誕生も同時に目撃してもらいたいです」と最後は玉森さんの大いなる賞賛に変えた言葉を添えると、この日一番の拍手が観客から送られていた。

玉森裕太/『パラレルワールド・ラブストーリー』完成披露試写会
そのほか、舞台挨拶には、染谷さん、筒井道隆、美村里江、清水尋也、石田ニコル、田口トモロヲも出席した。

『パラレルワールド・ラブストーリー』は5月31日(金)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top