アカデミー賞授賞式、来年も司会者なしの可能性を示唆

30年ぶりに「司会者不在」で開催された今年のアカデミー賞授賞式は、予想に反して好評で、生放送の視聴率も昨年より約11パーセント上昇した。

最新ニュース ゴシップ
第91回アカデミー賞 (C) Getty Images
  • 第91回アカデミー賞 (C) Getty Images
  • 第91回アカデミー賞 (C) Getty Images
  • 第91回アカデミー賞 (C) Getty Images
  • 第91回アカデミー賞 (C) Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
  • アカデミー賞-(C)Getty Images
30年ぶりに「司会者不在」で開催された今年のアカデミー賞授賞式は、予想に反して好評で、生放送の視聴率も昨年より約11パーセント上昇した。この結果を受けて、オスカーは来年も司会者を立てない可能性があると「Entertainment Weekly」誌が報じた。

放送局のABCの重役キャリー・バークが、司会者を探すことよりも、今年のように多くのプレゼンターたちを起用したいとの発言をしている。「できる限り、あのフォーマットを崩すようなことはしたくないんです。今年の結果は信じられないくらいにすばらしくて、満足しているので。来年の授賞式に対するアプローチも、今年と同じような成功を収められればいいなと思っています」と「司会者不在」のフォーマットを継続していたいとの意向を明らかにしている。

今年のオスカーは、コメディアンのケヴィン・ハートが務めることが発表されたものの、ケヴィンの過去のツイートが「同性愛嫌悪」との指摘を受けて、自ら辞退。その後、司会者が新たに選ばれることはなく、授賞式はプレゼンターたちのみで進行し、無事に幕を閉じた。
《Hiromi Kaku》

特集

関連記事

特集

page top