【インタビュー】中村倫也×木下晴香『アラジン』の世界に心奪われて――「温かく、優しく、甘く」合わさる歌声

『アラジン』“プレミアム吹替版”で主人公アラジン&ヒロインのジャスミンを担当したのが、中村倫也と木下晴香。ふたりに『アラジン』日本語版声の出演への想いについて、歌唱について、語り合ってもらった。

最新ニュース
中村倫也×木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
  • 中村倫也×木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
  • 中村倫也『アラジン』/photo:You Ishii
  • 木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
  • 中村倫也×木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
  • 中村倫也×木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
  • 中村倫也×木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
  • 中村倫也『アラジン』/photo:You Ishii
  • 木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
ディズニー・アニメーションの名作『アラジン』初の実写映画が、いよいよ公開を迎える。艶やかで夢のような砂漠の王国を舞台に、ウィル・スミス演じるジーニーをはじめとした申し分のないキャスト勢が伸びやかに息づき、『スナッチ』や『シャーロック・ホームズ』で知られるガイ・リッチー監督が、映像に魔法をかけた。

『アラジン』 (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
空前絶後のスケール感でお届けする本作において“プレミアム吹替版”で主人公アラジン&ヒロインのジャスミンを担当したのが、中村倫也と木下晴香だ。

通常、日本語版ではあまり吹き替えられることのない楽曲についても、本作においては本人たちがしっかり歌っているのも大きなポイント。特に、有名な主題歌「ホール・ニュー・ワールド」のふたりのハーモニーは、魔法のカーペットでアラビアン・ナイトを共に浮遊しているかのような、いざなうような気持ちをもたらしてくれる。その歌声を聴けば、名だたる声優陣、俳優陣が参加したオーディションから、中村さん&木下さんが選出されたことに深くうなずけるはず。

アラジン、ジャスミンを連想させるエレガントな装いで登場してくれたふたりに、喜びに打ち震えたという『アラジン』日本語版声の出演への想いについて、歌唱について、語り合ってもらった。

中村倫也×木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
――『アラジン』の日本語版ボイスキャストに選ばれたという一報が入ったときは、どんな気持ちでしたか? すぐに誰かに伝えたりしましたか?

木下:結果報告の電話を取ったときに、母が一緒にいたんです。うれしくて私が突然泣き出したから、母が「どうした!?」となり、「決まったよ!」と伝えたら母も一緒に号泣する、という事態が起きました(笑)。
中村:え~、素敵なエピソードだね! お母ちゃんも『アラジン』好きなの?

木下:はい! 母がディズニー大好きで、その影響で私も小さい頃から、ディズニーに触れる機会があったんです。その場にいたから、たまたま母も知ったんですけど、すごく喜び合った後、「あ! まだ誰にも言っちゃいけないよね!」と、ふたりでヒソヒソしていました。

木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
――中村さんも、ぜひエピソードを。ディズニーに親しみはありましたか?

中村小さい頃、『ライオン・キング』を母と兄と観に行ったんです。観終わったら兄が号泣していて、びっくりした記憶があります。それが一番、思い出として強いですね(笑)。アラジン役が決まったと聞いたときは、…僕はもう、真面目な仕事人間ですし、情報解禁前に何人たりとも「言ってはいけない」というお達しもされていたので「誰にも言うものか…」と(笑)。ただ、解禁になったときは、ちょうど舞台(「クラッシャー女中」)の公演中だったんですよ。小屋入りした瞬間に、いろいろな人が、「おい、アラジン!」みたいなテンションで。

中村倫也『アラジン』/photo:You Ishii
木下:わかります! 私も、ちょうど舞台(「銀河鉄道999」)をやっているときだったので、「『ホール・ニュー・ワールド、来たぞ』って(笑)。すれ違う度に、皆さんが「ホール・ニュー・ワールド♪」と歌っていくんですけど、うまいんですよね…(笑)。

中村倫也×木下晴香『アラジン』/photo:You Ishii
《text:Kyoko Akayama/photo:You Ishii》

特集

関連記事

特集

page top