<映画>インタビュー

レディー・ガガ&サイモン・ペッグ&ヒュー・ジャックマン…最も読まれたのは?インタビュー読者ランキング<海外編> 画像
最新ニュース

レディー・ガガ&サイモン・ペッグ&ヒュー・ジャックマン…最も読まれたのは?インタビュー読者ランキング<海外編>

シネマカフェでは今年来日した俳優・脚本・監督たちに独自取材した記事の中でもっとも読まれたインタビューランキングを発表!

松坂桃李&佐藤健らを抑え2018年話題となったドラマがトップに!インタビュー読者ランキング<国内編> 画像
最新ニュース

松坂桃李&佐藤健らを抑え2018年話題となったドラマがトップに!インタビュー読者ランキング<国内編>

シネマカフェでは今年活躍した日本の俳優・脚本・監督たちに独自取材した記事の中でもっとも読まれたインタビューランキングを発表!

【インタビュー】世界的女性監督スサンネ・ビア、ディザスター大作で“興味深い母親”を描く 画像
最新ニュース

【インタビュー】世界的女性監督スサンネ・ビア、ディザスター大作で“興味深い母親”を描く

人間たちが次々と死に至る終末世界を舞台にした『バード・ボックス』で、監督を務めたスサンネ・ビア。世界的女性監督として注目を集める彼女に、ロサンゼルスで話を聞いた。

【インタビュー】サンドラ・ブロックが愛を感じるとき「私は彼らの母親になる運命だった」 画像
最新ニュース

【インタビュー】サンドラ・ブロックが愛を感じるとき「私は彼らの母親になる運命だった」

スター女優の圧倒的なオーラを放ちながら、それでいて気さく。かつては“隣のお姉さん”的存在として語られることもあったサンドラ・ブロックだが、ならば『バード・ボックス』の彼女は“隣のお母さん”と呼ぶべきだろうか。

【インタビュー】レディー・ガガ、信頼と愛が「羽ばたく翼を与え、彼女はスターになる」 画像
最新ニュース

【インタビュー】レディー・ガガ、信頼と愛が「羽ばたく翼を与え、彼女はスターになる」

素のレディー・ガガがスクリーンの中にいる。そう思った。

【インタビュー】岡田准一×妻夫木聡 遠くて深い? ”同級生”2人の関係性 画像
最新ニュース

【インタビュー】岡田准一×妻夫木聡 遠くて深い? ”同級生”2人の関係性

取材部屋に姿を見せるや、机の上に並んだ各映画媒体の先月号の表紙を見て、妻夫木聡は「どういうことですか? 岡田くんばかりじゃないですか! 岡田派ですか(笑)!?」と憤慨して見せる。

【インタビュー】『ファンタビ』ダン・フォグラー&アリソン・スドル、“禁じられた恋”について考える 画像
最新ニュース

【インタビュー】『ファンタビ』ダン・フォグラー&アリソン・スドル、“禁じられた恋”について考える

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で恋に落ちた、人間のジェイコブと魔法使いのクイニー。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』で彼らがたどる運命は? 来日したダン・フォグラーとアリソン・スドルが語る。

【インタビュー】趣里 絶望のどん底に落ちても「明日は来る」 己と向き合い、手にした喜び 画像
最新ニュース

【インタビュー】趣里 絶望のどん底に落ちても「明日は来る」 己と向き合い、手にした喜び

主役か脇役かに関係なく、彼女の姿が気になって、ついつい目で追いかけてしまう――。そんな“心地の良い違和感”とでもいうような不思議な存在感を趣里は持っている。

【インタビュー】岩田剛典、新境地を開いて見据える新たなビジョン「現状維持で満足しない」 画像
最新ニュース

【インタビュー】岩田剛典、新境地を開いて見据える新たなビジョン「現状維持で満足しない」

『パーフェクトワールド 君といる奇跡』の主人公・鮎川樹を演じる岩田剛典にインタビュー。誰かを好きになるとは、どういうことなのか? 岩田さんの恋愛観や仕事観をたっぷり語ってもらった。

【インタビュー】有村架純 怒涛の20代前半を過ぎても、次々と訪れる“初体験”に胸躍る 画像
最新ニュース

【インタビュー】有村架純 怒涛の20代前半を過ぎても、次々と訪れる“初体験”に胸躍る

「怒涛の5年間でしたね」――。有村架純は、20代前半の5年をそんな言葉でふり返った。この先を含めた彼女の女優人生においても、大きな意味を持つ5年間であったことは間違いない。

【インタビュー】サイモン・ペッグ、“イーサン・ハント”のプリンセス宣言!? シリーズ愛を語る 画像
最新ニュース

【インタビュー】サイモン・ペッグ、“イーサン・ハント”のプリンセス宣言!? シリーズ愛を語る

サイモン・ペッグにとって、『ミッション:インポッシブル』は大切なシリーズ。彼の演じるベンジー・ダンは、シリーズと共に成長してきたキャラクターだ。

【インタビュー】クリス・プラット&ブライス・ダラス・ハワード、“恐竜”を通して深めた関係 画像
最新ニュース

【インタビュー】クリス・プラット&ブライス・ダラス・ハワード、“恐竜”を通して深めた関係

『ジュラシック・ワールド』の大惨事から3年。シリーズ最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』でオーウェンとクレアに何が?

【インタビュー】『ブラックパンサー』第2班監督、日本で撮影するなら“北海道”? 画像
最新ニュース

【インタビュー】『ブラックパンサー』第2班監督、日本で撮影するなら“北海道”?

『ブラックパンサー』、“セカンドユニット”(第2班)監督として韓国・釜山での、クールでアツいカーチェイスシーン担当したダリン・プレスコットが、シネマカフェのインタビューに応じた。

【インタビュー】チャドウィック・ボーズマン「肌の色や国に縛られず」共感をもって楽しめると自信『ブラックパンサー』 画像
最新ニュース

【インタビュー】チャドウィック・ボーズマン「肌の色や国に縛られず」共感をもって楽しめると自信『ブラックパンサー』

『ブラックパンサー』主演のチャドウィック・ボーズマンにインタビュー! 役作りのこだわりに迫った。

【インタビュー】ルピタ・ニョンゴ、信念と愛…強さあるキャラクターの役作りとは?『ブラックパンサー』 画像
最新ニュース

【インタビュー】ルピタ・ニョンゴ、信念と愛…強さあるキャラクターの役作りとは?『ブラックパンサー』

アカデミー賞女優のルピタ・ニョンゴ。マーベル・スタジオ最新作 『ブラックパンサー』でもその魅力を遺憾なく発揮している。

【インタビュー】小野大輔「生々しいまでの生を感じて」 『ヤマト2202』第三章の見どころは“芝居” 画像
最新ニュース

【インタビュー】小野大輔「生々しいまでの生を感じて」 『ヤマト2202』第三章の見どころは“芝居”

アニメーションの歴史に輝く不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」。中でも日本全土を熱狂させた劇場用映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、その壮絶なる物語を新たな解釈と装いで現代に甦らせた完全新作シリーズが、『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』。

【インタビュー】ソフィア・ブテラ、モンスターは「女性のほうが荒々しい」 王女ミイラとトム・クルーズを語る 画像
最新ニュース

【インタビュー】ソフィア・ブテラ、モンスターは「女性のほうが荒々しい」 王女ミイラとトム・クルーズを語る

朽ちた肉体を包帯でぐるぐる巻きにされたモンスター、ミイラ…。1932年の名作『ミイラ再生』に馴染みのない世代でも、「ミイラ」と聞けば、古代エジプトの棺に横たわる姿や、両手を伸ばし、よろよろと歩く姿など、脳裏にはある一定のイメージが浮かぶはずだ。

【インタビュー】小野大輔、「やっと旅立てる」『ヤマト2202』第二章への思いとは 画像
最新ニュース

【インタビュー】小野大輔、「やっと旅立てる」『ヤマト2202』第二章への思いとは

不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」を完全リメイクしたTVアニメシリーズ「宇宙戦艦ヤマト2199」(以下「2199」)。

【インタビュー】神谷浩史、『ヤマト』第二章の最大のポイントを語る 画像
最新ニュース

【インタビュー】神谷浩史、『ヤマト』第二章の最大のポイントを語る

2017年2月――アニメーションの歴史に輝く不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」をリメイクし大きな支持を得た「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編となる完全新作シリーズ『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第一章「嚆矢篇」が公開、全七章に渡る壮大な旅の幕が上がった。…

【インタビュー】アカデミー賞授賞式ボイコット、その真意を『セールスマン』主演女優が語る 画像
最新ニュース

【インタビュー】アカデミー賞授賞式ボイコット、その真意を『セールスマン』主演女優が語る

第89回アカデミー賞外国語映画賞に輝いた『セールスマン』に主演するイラン人女優のタラネ・アリドゥスティが初来日し、取材に応じた。トランプ政権によるビザ発給制限に抗議するため、オスカー授賞式への出席をボイコットした真意とは?

【インタビュー】神谷浩史、「一生懸命に生きる姿」で魅せる愛おしい役作り 画像
最新ニュース

【インタビュー】神谷浩史、「一生懸命に生きる姿」で魅せる愛おしい役作り

テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で“こじらせ男子”を好演し、世の女性をムズキュン旋風に巻き込んだ俳優・星野源。彼が、また一風変わった“こじらせ男子”を演じ、新たに世の乙女たちをムズキュンさせること必至の…

【インタビュー】中村悠一×櫻井孝宏 執着しない“瞬発力”が演技の肝に『虐殺器官』 画像
最新ニュース

【インタビュー】中村悠一×櫻井孝宏 執着しない“瞬発力”が演技の肝に『虐殺器官』

夭折の作家・伊藤計劃の小説3作を劇場アニメ化する企画「Project Itoh」。その第1弾として2015年10月に公開されるはずだった映画『虐殺器官』は、制作スタジオの倒産により制作中断…公開延期を余儀なくされた。だが、物語はそこで終わらなかった。

  1. 1
  2. 2
Page 1 of 2
page top