<映画>インタビュー

【インタビュー】浜辺美波×北村匠海「僕らしか味わえない感動がある」――ゴールデン・コンビの変化と成長 画像

【インタビュー】浜辺美波×北村匠海「僕らしか味わえない感動がある」――ゴールデン・コンビの変化と成長

『思い、思われ、ふり、ふられ』は、同じマンションに住む高校1年生の男女4人の、文字通り、片思いが交錯する物語。浜辺美波、北村匠海、福本莉子、赤楚衛二というキャスト勢で、どこかノスタルジックなルックを漂わせる4人にぴったりの、ビタースイートな1本となった。

【インタビュー】竜星涼&犬飼貴丈が語る仕事論“やりたいかやりたくないか”を「逃してしまうのはもったいない」 画像

【インタビュー】竜星涼&犬飼貴丈が語る仕事論“やりたいかやりたくないか”を「逃してしまうのはもったいない」

妙に弾けた熱量たっぷりの青春ストーリー。作品の世界に足を踏み入れたときから、映画『ぐらんぶる』は観る者を翻弄してくる。

【インタビュー】山崎賢人、“いままで観たことがない”姿は「いまでしか出せない表現」 画像

【インタビュー】山崎賢人、“いままで観たことがない”姿は「いまでしか出せない表現」

今年26歳を迎え、より存在感を増しつつある俳優・山崎賢人は、どんな思いで作品と向き合っているのだろうか。

【インタビュー】俳優・長澤まさみ、まだ会ったことのない“自分”に出会うとき 画像

【インタビュー】俳優・長澤まさみ、まだ会ったことのない“自分”に出会うとき

第43回日本アカデミー賞で、長澤まさみは最優秀助演女優賞を受賞した。受賞コメントにて、長澤さんは、「まだ会ったことのない自分を目指して、これからも励んでいきたいと思います」と誠実に語った。

【インタビュー】マーゴット・ロビー、ハーレイ・クインに染まる瞬間を自己分析「思考回路も変わる」 画像

【インタビュー】マーゴット・ロビー、ハーレイ・クインに染まる瞬間を自己分析「思考回路も変わる」

マーゴット・ロビーが、再び“ハーレイ・クイン”となってスクリーンに帰ってきた。しかも、いまの閉塞感をぶっ飛ばし、テンションをブチ上げてくれる振り切れた覚醒ぶりだ。

【インタビュー】千葉雄大×鈴木拡樹、垣根を越えた共演に「すごく素敵なこと」 画像

【インタビュー】千葉雄大×鈴木拡樹、垣根を越えた共演に「すごく素敵なこと」

2018年に公開された北川景子主演の映画『スマホを落としただけなのに』は、「スマホ」という身近なアイテムが引き金となり恐怖を呼び寄せる展開、あっと驚く犯人との心理戦が評判を呼び、興行収入19.6億円というヒットを飛ばした。

【インタビュー】『ミッドサマー』アリ・アスター監督、「自分が危機に瀕している方がいいものが書ける」 画像

【インタビュー】『ミッドサマー』アリ・アスター監督、「自分が危機に瀕している方がいいものが書ける」

『ヘレディタリー/継承』で全世界に衝撃を与えたアリ・アスター監督が、最新作『ミッドサマー』を引っさげて来日。スウェーデンの奥地の村で行われる「90年に一度の祝祭」を舞台に繰り広げられる妄想やトラウマ…独特の世界を作り上げた監督が作品に込めた思いを語った。

【インタビュー】果てない魅力の底に堕ちて…はじめての、もっと知りたい、俳優・綾野剛の素顔 画像

【インタビュー】果てない魅力の底に堕ちて…はじめての、もっと知りたい、俳優・綾野剛の素顔

アスリートのごとく、堅実に役に打ち込む姿を現場で目にする機会が観客にはなくとも、物語内の一挙手一投足で「綾野剛」ではなく「その人物」がさも存在しているかのように受け止められる。ゆえに、役を生きるための途方もない努力も想像に難くない。

【インタビュー】河北麻友子「人生観が変わった」映画とは? 画像

【インタビュー】河北麻友子「人生観が変わった」映画とは?

「第92回アカデミー賞授賞式」を、WOWOWではアメリカ・ロサンゼルスのドルビー・シアターより独占生中継。モデルや女優として活躍する河北麻友子が、レッドカーペットリポーターに決定した。

【インタビュー】年齢を重ねていく岩田剛典のいま「どんな作品の中にいるかが大事」 画像

【インタビュー】年齢を重ねていく岩田剛典のいま「どんな作品の中にいるかが大事」

『AI崩壊』で警察庁の敏腕理事官・桜庭誠を演じた岩田剛典。頭脳派ゆえにクールで、シビアな桜庭を演じるにあたり、彼は持ち前の笑顔を封印した。

【インタビュー】高橋一生&蒼井優、信頼と安心の共演は「すごくいい体験、いい時間」 画像

【インタビュー】高橋一生&蒼井優、信頼と安心の共演は「すごくいい体験、いい時間」

高橋一生と蒼井優、意外なようで、何だかしっくりくる取り合わせだったりもする。ともに10代から俳優としての道を歩き、多くの作品で経験を積み、30代の今、磨き上げた演技力が彼らの強い脚力になっている。

【インタビュー】宮沢氷魚 誰のコピーでもない、自分だけの役者道「今なら自信を持っていられるから」 画像

【インタビュー】宮沢氷魚 誰のコピーでもない、自分だけの役者道「今なら自信を持っていられるから」

2019年の年の瀬。その年は、宮沢氷魚にとって間違いなく駆け抜けた、そして飛躍した1年だった。「コウノドリ」第2シリーズで俳優の門をたたいてまだ3年弱というのに、2019年はドラマ3本、映画1本、舞台1本と切れ目なく出演を続け、実績を積み上げたのだから。

【インタビュー】今泉力哉監督 “生っぽい”感覚を追求「ドラマにならないようなことが、ドラマにできる」 画像

【インタビュー】今泉力哉監督 “生っぽい”感覚を追求「ドラマにならないようなことが、ドラマにできる」

温かい片想いに苦しい両想い、甘やかだけでない恋愛のコミュニケーションは、映画の世界と私たちの距離をグッと近づけていく。手腕を惜しみなく発揮した今泉力哉監督に、こだわりを聞いた。

イーストウッドが熱烈オファーしたリチャード・ジュエル俳優「オープンで率直な」関係性語る 画像

イーストウッドが熱烈オファーしたリチャード・ジュエル俳優「オープンで率直な」関係性語る

クリント・イーストウッド監督の、実に第40作となる最新作『リチャード・ジュエル』で主人公リチャードを演じたポール・ウォルター・ハウザーの特別インタビューがシネマカフェに到着。

【インタビュー】『パラサイト』クライマックスは「シナリオとは違う」ポン・ジュノ監督&ソン・ガンホが証言 画像

【インタビュー】『パラサイト』クライマックスは「シナリオとは違う」ポン・ジュノ監督&ソン・ガンホが証言

共同脚本も手がけたポン・ジュノ監督、主演を務めるソン・ガンホが昨年末、そろって来日を果たし、インタビューに応じた。

中村倫也&杉咲花&星野源…最も読まれたのは?インタビュー読者ランキング<国内編> 画像

中村倫也&杉咲花&星野源…最も読まれたのは?インタビュー読者ランキング<国内編>

シネマカフェでは今年も映像に関わる方々に取材をしてきました。その中から2019年に掲載しもっとも読まれたインタビューをランキングにして発表します!

タロン・エジャトン&ウィル・スミス…最も読まれたのは?インタビュー読者ランキング<海外編> 画像

タロン・エジャトン&ウィル・スミス…最も読まれたのは?インタビュー読者ランキング<海外編>

シネマカフェでは今年も映像に関わる方々に取材をしてきました。その中から2019年に掲載しもっとも読まれたインタビューをランキングにして発表します!今回は海外俳優編になります。

【インタビュー】C-3POは救世主か、闇落ちか? J.J.エイブラムス監督「大活躍するのは間違いない」 画像

【インタビュー】C-3POは救世主か、闇落ちか? J.J.エイブラムス監督「大活躍するのは間違いない」

果たして、わたしたちはどんな“完結”を目撃することになるのか? 壮大な銀河のサーガが40数年の時を経て、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をもって幕を閉じようとしている。来日したJ.J.エイブラムス監督は慎重に言葉を選びながら、取材に応じた。

【インタビュー】『スター・ウォーズ』探し求めていた“答え”が明らかに…デイジー・リドリー「強烈でエモーショナルな旅路だった」 画像

【インタビュー】『スター・ウォーズ』探し求めていた“答え”が明らかに…デイジー・リドリー「強烈でエモーショナルな旅路だった」

伝説の完結を描いた『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』を引っさげ、約4年ぶりの来日を果たした女優デイジー・リドリーが取材に応じ、「奇妙だし、ほろ苦い」とシリーズに別れを告げる心境を語った。

【インタビュー】ジョン・ボイエガ&オスカー・アイザック、“SW卒業”に「祝福の意味をこめて、さようなら」 画像

【インタビュー】ジョン・ボイエガ&オスカー・アイザック、“SW卒業”に「祝福の意味をこめて、さようなら」

『スター・ウォーズ』新3部作といえば、主人公のレイ(デイジー・リドリー)に加えて、ジョン・ボイエガ演じる脱走兵のフィン、オスカー・アイザック扮するレジスタンスの凄腕パイロットであるポー・ダメロンという3人の中心人物が織りなす熱い絆が見どころとなった。

【映画と仕事 vol.2】気になるあの映画の予告編、どうやってできてるの? 監督、宣伝チームの思いを90秒で形にする 画像

【映画と仕事 vol.2】気になるあの映画の予告編、どうやってできてるの? 監督、宣伝チームの思いを90秒で形にする

映画業界で働く人にとっても、実は知らないことだらけの映画業界のお仕事。そんな映画界の“中の人”の姿を紹介する「映画お仕事図鑑」。

【インタビュー】のん、“リミッター”を意識しても譲れないこだわりとは? 画像

【インタビュー】のん、“リミッター”を意識しても譲れないこだわりとは?

「やりたいことはとことんやる!」というポリシーのもと表現活動に突き進む“のん”。女優・ライブ・アート・映画監督……とジャンルは問わない。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
Page 1 of 6
page top