橋本環奈の母親役に酒井若菜が決定!『0キス』

片寄涼太と橋本環奈がW主演する『午前0時、キスしに来てよ』に、酒井若菜が出演することが分かった。

映画 邦画ニュース
『午前0時、キスしに来てよ』(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
  • 『午前0時、キスしに来てよ』(C)2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
  • 『午前0時、キスしに来てよ』 (C) 2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
  • 「午前0時、キスしに来てよ」 (C) みきもと凜/講談社
片寄涼太(「GENERATIONS from EXILE TRIBE」)と橋本環奈がW主演する、芸能人と一般JKの秘密の恋を描く映画『午前0時、キスしに来てよ』に、酒井若菜が出演することが分かった。

>>『午前0時、キスしに来てよ』あらすじ&キャストはこちらから

本作は、国民的スターの綾瀬楓役を片寄さん、普通の女子高生・日奈々を橋本さんが演じ、住む世界の全く違う2人の運命的な出会いから始まるシンデレラストーリー。

『午前0時、キスしに来てよ』 (C) 2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
今回新たに出演が発表された酒井さんは、「木更津キャッツアイ」など話題作に出演し、近年では「離婚なふたり」「絶叫」に出演。

今回演じるのは、橋本さん演じる日奈々の母親・花澤陽子。洋食屋を営む花澤家では、多忙な両親に代わって家事や妹・すずの面倒も見ることも多い日奈々。明るくまじめだが、自分のことをあまり口にしないそんな日奈々を母・陽子は、気にかけながらやさしく見守っていく。

撮影をふり返り、酒井さんは「数日間の撮影でしたが、家族の愛情というか、距離感みたいなものを撮影初日につかむことができたので、とても楽しく濃密な時間を過ごせました」と語っており、そんな仲睦まじい家族写真も初解禁。

橋本さんとの初共演については「環奈ちゃんが二十歳と聞いて、ずいぶん大きい子の母親役をやらせていただけるんだなぁと思い、(共演が)楽しみでした」と話し、「実際会ってみてとても波長の合う子だったので、すぐにおしゃべりして、仲良く過ごせました」と語っている。

また、本作では”花澤家のある秘密”が垣間見える母の繊細な表情やセリフも注目どころ。”ある事情”を抱えた親子関係を演じたことについては、「いまひとつ踏み込めない事情がある親子関係の中で、娘(日奈々)と真剣に向き合うシーンもあって。ぜひ、観ていただきたいなと思います」とコメントも寄せている。

『午前0時、キスしに来てよ』は12月、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

特集

関連記事

特集

page top