「ハリー・ポッター:魔法同盟」ハリーの誕生日祝うイベント実施

「ハリー・ポッター:魔法同盟」ファンイベント開催。イベントには公式twitterでの募集で約80倍の倍率から当選した一般ユーザーが参加した。

最新ニュース レポート
最新の拡張現実(AR)技術を使って、魔法を世界中の人々にとって身近なものにするゲームアプリ「ハリー・ポッター:魔法同盟」の主人公のハリー・ポッター39歳の誕生日を祝うファンイベントが8月4日に開催。イベントには、公式twitterでの募集で約80倍の倍率から当選した一般ユーザーが参加した。

今回のイベントは、7月31日に39歳の誕生日を迎えたハリーを祝うため、長きに渡り続くシリーズの始まりであり、本ゲームにも繋がる『ハリー・ポッターと賢者の石』の特別応援上映会と、ゲーム内で実施された「光り輝くもの:ポッターの大災厄」イベント第2弾に合わせたプレイイベントが行われた。

「ハリー・ポッター:魔法同盟」イベント
イベントは2部制になっており、当日は朝早くから思い思いのコスチュームで参加者たちが続々と集合。第1部では、ワーナーブラザース試写室で『賢者の石』の特別応援上映会が行われ、参加者はお気に入りのシーンやキャラクターが登場する度に声援を送り、歓声を上げるなど大いに楽しんだ様子。

途中、休憩時間では、「ハリーのお誕生日会」として飾りつけをされた会場で、映画にも登場したハグリッドお手製の誕生日ケーキや、ハリーをモチーフにしたカップケーキなどもあり、参加者たちはセルフィーでの撮影や会話に花が咲いていた。

続く第2部では、日比谷公園にていよいよゲームをプレイするときが! チームに分かれて砦での「魔法使いチャレンジ」を行い、その後は制限時間内でファウンダブルを回収し、実際に獲得できた最大経験値(XP)を競う「ファウンダブった選手権」を開催。

イベント第2弾が実施中ともあり、XPの高いファウンダブルの出現率が高まっている中、優勝目指して皆、画面に釘付け。半数が魔法使いレベル15以上とあって、ハイレベルな戦いに。続々とファウンダブルを回収し、そして優勝者は980XPを獲得していた。

「ハリー・ポッター:魔法同盟」は配信中。
《cinemacafe.net》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top