【MOVIEブログ】昨年度グランプリ作品

去年の東京国際映画祭でグランプリを獲った『アマンダと僕』(原題:Amanda)を観てきました。

最新ニュース スクープ
『アマンダと僕』チラシ
  • 『アマンダと僕』チラシ
去年の東京国際映画祭でグランプリを獲った『アマンダと僕』(原題:Amanda)を観てきました。

去年のグランプリ作品を約1年後に映画館で観られるというのは
遅すぎるだろという意見もあるかもしれませんが、
グランプリを獲ってもその後日本で配給されない作品などもあるので
個人的にはとても幸せなことでした。

内容も掛け値なしで素晴らしかった! です。
大好きな姉をテロで失った青年が残された姉の姪っ子(アマンダ)と
2人でどう残された人生を歩んでいくか? というストーリーで
決して派手な映画ではないのですが、
雨が地面にしみ込んで草花の滋養になるような感じで
とても心に沁みました。
特にラストシーンの主演のヴァンサン・ラコストの笑顔が素晴らしくて
その笑顔に涙腺をやられてしまいました。
笑顔で泣ける映画ってのは本当にイイものですね。
去年映画祭で観られていなかったのが悔しくなりました。

東京国際映画祭はいま出品作品の選定真っ最中です。
今年もどんな素晴らしい映画と出合えるのかと思うと
それだけでたまらなくなるものがあります。
素晴らしいラインナップを整えてますので、
ぜひご期待下さい!!


【2019.9.12】
《text:Yusuke Kikuchi》

特集

関連記事

特集

page top